藤井隆が友情を育む相手とは!? 井筒監督から届いた愛と平和のメッセージ

最新ニュース

『パッチギ! LOVE&PEACE』 - (C)2007「パッチギ!LOVE&PEACE」パートナーズ
  • 『パッチギ! LOVE&PEACE』 - (C)2007「パッチギ!LOVE&PEACE」パートナーズ
  • 『パッチギ! LOVE&PEACE』 - (C)2007「パッチギ!LOVE&PEACE」パートナーズ
  • 『パッチギ! LOVE&PEACE』 - (C)2007「パッチギ!LOVE&PEACE」パートナーズ
2005年の主要映画賞を総なめにした『パッチギ!』の第2章『パッチギ! LOVE&PEACE』がいよいよ公開となる! 第1章で描かれた青春群像劇の感動を引き継ぎ、1968年の京都から1974年の東京へ舞台を移して描かれるのは“愛と平和”。タイトルに掲げたその“LOVE&PEACE”が伝えるのは、愛する者の命を守りぬく姿、人と人とが支え合って生きていく大切さだ。これまで語られなかったアンソンの父のエピソードが交わることで一段とスケールが広がっている点にも注目したい。

前作の完成直後から「続編に出演したい!」というラブコールの多かった本作だけにキャスティングも気になるところ。主役のアンソンを演じるのは「純情きらり」(NHK朝の連続テレビ小説)のキヨシ役で注目された井坂俊哉。妹キョンジャを演じるのは新星・中村ゆり。パート1の高岡蒼佑、沢尻エリカからそれぞれバトンを受け、新鮮かつ熱い演技を見せている。

また、アンソンと友情を育んでいく元国鉄職員・佐藤役に藤井隆、キョンジャと恋に落ちる俳優の野村役に西島秀俊など、魅力的な俳優陣が脇を固めるほかサプライズゲストも多数登場する。

息子・チャンスの難病を治すために危険な仕事に手を出すアンソン。在日であることを隠して女優という仕事を選ぶ妹のキョンジャ。そして体を蝕む病と闘いながらも明るく生きるチャンス──。生きていくにはお金も仕事も大切だけど、やっぱりそれだけじゃ人は生きていけない…愛する人の存在がどれほど人生に意味を持たせるのか、そんな当たり前のことを気付かせてくれる、笑って泣けて考えさせられる“愛”の詰まった人間ドラマなのである。

《text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top