ホスピスを舞台に描く心の物語『Watch with Me〜 卒業写真〜』

最新ニュース

『Watch with Me〜卒業写真〜』舞台挨拶
  • 『Watch with Me〜卒業写真〜』舞台挨拶
  • 『Watch with Me〜卒業写真〜』舞台挨拶
  • 『Watch with Me〜卒業写真〜』舞台挨拶
癌に冒され、余命半年と宣告された報道カメラマンが地元・福岡に戻り残された日々を懸命に生きようとする物語『Watch with Me 〜卒業写真〜』。中学生の頃の初恋を思い出したり、わがままを言って妻と衝突したり、“生と死”を描きながらも、涙を誘うというよりは、心が温まる人間ドラマになっている本作。すでに九州では公開されているが、いよいよ6月9日(土)より全国での公開が決定。披露試写会が行われ、監督の瀬木直貴、主演の津田寛治のほか、羽田美智子、中野大地、高木古都、高杢禎彦、EIJIが舞台挨拶を行った。

主演の上野和馬を演じた津田さんは、「この映画には実際に癌と戦っている方が何人か参加されました。そのうちの一人はこの映画の完成を待たずして旅立たれました。そういう方が参加されている映画です。だから、この映画には絶対自分自身で誇りを持たなくてはいけないと、そして胸を張ってみなさんにお勧めしなくてはいけない。そういう思いで僕は今、この壇上に立っています。この映画はホスピスという題材を通して人の死を描いています。それも今までに描かれていないようなちょっと変わった形で死を描いています。死を描くということは僕自身、生きることを描くことだと思っています。ですからこの映画を観て、生活のスピードをほんの少しゆるめて生死のことを考えていただける人が少しでも多くいたらと思っています」と、本作への思い入れを語ってくれた。

これまでも地域に密着した作品を手がけている瀬木監督。「この映画は残念ながら、ベストセラーが原作でもありませんし、特に目立った宣伝活動を行っていないんですけれども、幸いなことにご覧いただいた方からは非常に高い評価をいただいています」と作品に対する評価に手応えを感じているようだ。また、「監督が“良い映画だよ”と言ってもなかなか信用出来ないものですから(笑)、そこはまずご覧いただくとして。この映画は“生と死”という重いテーマを扱っていますし、泣ける映画だとも言われておりますけれども、友情の物語であり、青春の物語であり、また情愛の物語であります。肩に力を入れずに観てください」とアピールした。

和馬の妻・由紀子を演じた羽田さんは、「最初に台本をいただいて心が震えました。その心の震えを絶対に緻密に描きたいと思って、心を込めて演じさせていただきました。最高の監督、そして最高のスタッフ、最高の共演者の方たちに支えられて、本当に津田さんがおっしゃった誇りを持てる映画が、ここに誕生しました。この作品を通じて、生きている先には死がある。誰の命の先にも死が待っている。その生の上を私たちは一生懸命歩いているんだと思いました。観終わった後に本当に優しい気持ちになれる映画です。撮影前に監督から、半年後に死ぬということが分かっていても、今の人生を続けますか? と問いかけられました。私は死ぬ日まで女優を続けていたいという気持ちで、今の自分に矛盾はないな、と改めて気づかされた映画でもあります」と、津田さん同様に、本作への思い入れの強さが感じられた。

人生の残りわずかな日々での周囲の人との交流を温かく、そして力強く描き出した『Watch with Me 〜卒業写真〜』は6月9日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top