奇跡の実話『潜水服は蝶の夢を見る』がカンヌの舞台で感動を呼び起こす

最新ニュース

『潜水服は蝶の夢を見る』 (c)- Pathe Renn Production-France 3
  • 『潜水服は蝶の夢を見る』 (c)- Pathe Renn Production-France 3
キューバの亡命作家レイナルド・アレナスの人生を撮った『夜になるまえに』に続き、ジュリアン・シュナーベル監督が再び実在人物の半生を描いた最新作『潜水服は蝶の夢を見る(仮題)』がこのたび第60回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へ正式出品される。

監督に再びメガホンを取らせたのは、ジャン=ドミニク・ボビーという人物。1995年、女性ファッション誌「ELLE」の編集長であった彼は、43歳という若さで突然、脳溢血で倒れ、そのまま寝たきりの生活を余儀なくされる。働き盛りの年齢で、第一線で活躍していた日々が一変、唯一左眼のまぶたしか動かない身体に。だが、彼を見守る看護婦のサンドリーヌが彼のまぶたの動きに気づき、編集者のクロードが彼に自伝を書く話を持ちかけたことから、彼の新たな人生が幕を開けた——。

左まぶたの瞬きを20万回以上繰り返すことだけで、同名手記を書き上げたという奇跡の実話を完全映画化した本作。ジャンを演じるのは、『キングス&クイーン』などアルノー・デプレシャン監督作品で常連のフランス実力派俳優、マチュー・アマルリック。身体の自由を失い難病と闘う人物をどんな演技で見せてくれるか楽しみである。

現地時間の5月22日(火)にカンヌのスクリーンで上映される『潜水服は蝶の夢を見る(仮題)』。日本では2008年、全国にて公開される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top