【カンヌ映画祭レポートvol.01】ただいま、コート・ダジュール!

最新ニュース

カンヌの玄関口、ニース空港にて
  • カンヌの玄関口、ニース空港にて
どうもはじめまして〜。ライターのよしひろと申します。シネマカフェには初登場なので、どう始めてよいのやら…と悩んでいるうちに、カンヌ国際映画祭は前夜を迎えちゃったわ。そう、今あたしはカンヌにおります。写真はカンヌの玄関口となるニース空港ね。あぁ、コート・ダジュール、ただいま〜。

カンヌといえば映画祭、映画祭といえばセレブ全員集合なわけだけど、今年は本当にすごいのよ。なにせ今年のカンヌ映画祭は60周年記念。ハデにならないわけがないじゃない! 本日配布された映画祭の決定資料(実は映画祭というのは、本当に見切り発車しておりまして、プレスに対しても完璧な予定は直前まで公表されないのよ)にザッと目を通しただけでも「きゃ〜!」なゲストが満載。ですので、これからお付き合いいただく、約2週間はおそらくあたしが遠巻きにセレブをパパラッチするということになるのでは? と勝手に考えております(いいんですよね、担当さま)。どうぞ、お楽しみに。そして、お付き合いくださいまし。

ではまずはちょっとした豆知識。カンヌ国際映画祭が他の映画祭と決定的に違うことってなんだと思う? 実はメイン会場となるパレ・ド・フェスティバルには、一般のみなさんが入れないことかしら。取材のマスコミも、プレス用の試写と記者会見場には入ることができるんだけど、公式上映はNG(意外でしょ?)。公式上映を見られるのは、招待されたゲストと関係者のみなのよ。マスコミもレッドカーペット取材時には正装(タキシードとエナメル靴)でないと入れてもらえないの。キビシー! それだけじゃないのよ〜…でも、この続きはまた次回!



cinemacafe.net WORLD TOUR 第60回カンヌ映画祭レポートはこちら! http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2007/
《text:Masamichi Yoshihiro》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top