自分の声に驚愕? 柳楽優弥が世界注目のアニメで菊地凛子と初共演!

最新ニュース

『Genius Party』で声優に挑戦した柳楽優弥
  • 『Genius Party』で声優に挑戦した柳楽優弥
『誰も知らない』でカンヌを騒然とさせる衝撃のデビューを果たし、『シュガー&スパイス 風味絶佳』では今をときめく沢尻エリカと共演、沢尻さんとの甘酸っぱい初恋に揺れる少年を瑞々しく演じた柳楽優弥。日本が誇る若き才能が次に共演を果たしたのは、あの菊地凛子!

注目のアニメーションを発信し続けるクリエイター集団・STUDIO4の最新作『Genius Party(ジーニアス・パーティ)』の第一弾となる7作品が7月7日(土)に初日を迎える。“ジャパニメーション”のトップクリエイターたちによる作品とあって世界中が注目。来年2月6日よりアメリカ・ケネディセンターの主催で開かれる「ジャパン・フェスティバル」でワールドプレミア上映されることも決定しており、5月14日(月)、アメリカ大使館主催による記者会見が行われた。

会見には本作中の1編「BABY BLUE」で声優に初挑戦した柳楽優弥、監督を務めた渡辺信一郎が出席。柳楽さんは初めての声優挑戦については「声だけで表現するのは難しかったです。作品を見たら、『おれ、こんな低い声しているんだ!?』とちょっとびっくりしました」とのこと。また、作品については「アメリカの人たちに『日本のアニメは凄いぞ』というのを感じてほしい」と新たな世界挑戦に自信をのぞかせた。

声のみとは言え、柳楽さんと、昨年から世界中の賞レースを沸かせてきた菊地凛子の初共演に否が応にも注目が集まるが、渡辺監督は「製作にあたって、正確で存在感のある方を選ぼうと思いました。選出時に区別なく聞いていて柳楽さん、菊地さんが印象に残り、そのままオファーしたところ快諾していただきました」と2人の出演に至った経緯を説明。「2人ともアフレコ自体をやったことがなかったのですが、やはり勘がすごく良くて終わる頃には声優でもやっていけるぐらいに成長していました」と絶賛した。

日本で最高峰のアニメーション技術と豪華声優陣が夢のコラボレーションを果たした『Genius Party(ジーニアス・パーティ)』。7月7日(土)よりシネ・リーブル池袋、渋谷シネ・アミューズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top