【カンヌ映画祭レポートvol.09】質問はワイドショーのようにがつがつと!

最新ニュース

通称ラウンドテーブルでは、俳優や監督が入れ替わり立ち替わり
  • 通称ラウンドテーブルでは、俳優や監督が入れ替わり立ち替わり
このテーブル、なーんだ? めったに撮る機会なんてないから、撮っちゃいました。

これは先に紹介した『ビー・ムービー(原題)』のランチパーティ会場内のテーブルなんだけど、実はここではパーティの後、そのまま取材が行われることになってるのよ。なにげに中央に飾られてるお花が、ハチのお尻の模様になっててカワイ〜。

あたしはその取材には参加しなかったんだけど、親しいライターさんが参加することになっていたの。「この取材、入るんだけど、まだ誰も座ろうとしないのよね…あと10分なのに」と言われて気づいたんだけど、あたしら取材陣にとっては珍しくはない通称ラウンドテーブル(取材対象が取材者たちの座るテーブルを持ち時間ごとに入れ替わるパターン。タレントや監督が各々回ることと囲み取材ということでこう呼んでいるの)も、この機会にご説明しちゃおっかな〜なんて。

このテーブルには10席、取材者用の椅子が用意されていて、残りの1席に取材対象(今日の場合、さっき屋上から落ちてきたコメディアンやクリス・ロック)が座るのね。持ち時間はだいたい20分くらいで、10人のプレスが各々ランダムに質問していくのよ。時間がきたら、タレントが席を立って、別のタレントが来るって感じ。今日は、4テーブル用意があったから、だいたいトータルで1時間くらいになるのかな。消極的になっても損するだけだから、取材に来ているプレスはまるでワイドショーのレポーターさんみたいにがつがつと質問するのよ。

これがあたしたちの取材風景の一部ね。明日からはあたしも入らせていただく取材があるから、この流れをインプットして文章を読んでいただくと、さらに臨場感出ると思うわ。お楽しみに〜。



cinemacafe.net WORLD TOUR 第60回カンヌ映画祭レポートはこちら! http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2007/
《text:Masamichi Yoshihiro》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top