【カンヌ映画祭レポートvol.18】U2・ボノのド派手パフォーマンスに遭遇!

最新ニュース

さすがボノ!? おかげでパレ前は黒山の人だかり!
  • さすがボノ!? おかげでパレ前は黒山の人だかり!
フジテレビのパーティの後、上映後の様子を知るために『大日本人』の上映会場に舞い戻ったんだけど、その時にムービープラスのみなさんと合流。「せっかくだから挨拶映像を撮ります!」ということで、お恥ずかしながら映像にてご挨拶させていただいておりますわ。お目汚しながら、失礼します〜。

さてさて、その帰り道。パレに寄って翌日の予定をゲットしようと思って歩いているとなにやらパレの方角にはものすごい黒山の人だかり。映画祭会期中唯一の週末だけに、大物のミッドナイト・スクリーニングがあるからかな〜と思ったら、騒ぎの理由はそれだけじゃなかったわ。

この夜、深夜0時半から上映される予定だったのは、なんとU2のドキュメンタリー『U2 3D(原題)』。当然のことながら、U2のフロントマンであるボノもカンヌ入りしていたの。ボノが来るせいか、ここ数日の間でレッドカーペットの黒ずくめの人々が一番多いのよ。

んんん!? ちょい待ち!

よ〜く聞いてみると、大音量でかかっているU2の楽曲がちょっと違う…。そしてよ〜くレッドカーペットを見てみたら…なんと、ボノが熱唱中!(笑)

なんとまぁ、ハデすぎるパフォーマンス。まさか真夜中にボノが生で、しかもステージでもなんでもないところで歌うなんて考えもしなかったわ。ついでに寄ったパレだったけど、ちょっと得した気分。

でも、今日は早朝から深夜まで出ずっぱりだったから、さすがにこの後はダウン。昼食も夕食も食べる暇なくて、帰りにパンをかじりながらとぼとぼ帰ったわ〜。さびし〜!



cinemacafe.net WORLD TOUR 第60回カンヌ映画祭レポートはこちら! 
http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2007/
《text:Masamichi Yoshihiro》
page top