【カンヌ映画祭レポートvol.27】タランティーノ記者会見でリップサービス満載!

最新ニュース

『デス・プルーフ』 -(C) 2006 Dimension Films. All Rights Reserved.
  • 『デス・プルーフ』 -(C) 2006 Dimension Films. All Rights Reserved.
  • タランティーノ監督登場! やっぱりエンターテイナーです
  • なんと北朝鮮から出品! 『A Schoolgirl's Diary』のポスター
『潜水服は蝶の夢を見る』の試写〜記者会見の後は、昨夜試写が行われた『デス・プルーフ(原題)』の記者会見! ってことは、日本でもおなじみ「ヤッチマイナー!」の『キル・ビル』監督こと、クエンティン・タランティーノが来るってわけよ。

『デス・プルーフ(原題)』は、70年代風モチーフにイマドキなギャルがただひたすらにくっちゃべってるパートと、それをつけねらう鬼のスタントマンとの死を賭けたチェイス・バトルの映画。だから、スタントマン役のカート・ラッセルはもちろん、ネーチャン役のロザリオ・ドーソンほかも一同にそろってたわ。それだけじゃないの。この作品の競作者でありプロデューサーでもあるロバート・ロドリゲスも急遽カンヌ入り! この2人がそろうのはレアなことだから、おかげで写真関係のプレスの人が殺気立っていたわ。

このあと、ロドリゲスは「オレは出るわ」と言って(か言わずか)記者会見には出席しなかったの。あらら、残念。とはいえ、タラちゃんの饒舌ぶり大炸裂で、会見はリップサービス旺盛。エンターテイナーはちがうわね(笑)。

さて、ちょっと余談。全然関係ないのだけど、マルシェの方を散策していたら、ちょっとビックリな作品が売りに出されていたわ。それが写真の北朝鮮映画『A Schoolgirl's Diary』。まさかここで北朝鮮映画がセールスされているとは思わずついついパチリ。レトロでアジアンな画風がマルシェで目立ちまくっていたわ。果たしてこれを買い付けた日本の会社はあるのかしら…謎ね。



© 2006 Dimension Films. All Rights Reserved.

cinemacafe.net WORLD TOUR 第60回カンヌ映画祭レポートはこちら! 
http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2007/
《text:Masamichi Yoshihiro》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top