【カンヌ映画祭レポート最終回】賞取り予想と結果発表! あっぱれ、殯チーム!

最新ニュース

「Screen誌」の星取り表。『殯の森』受賞は予想通り?
  • 「Screen誌」の星取り表。『殯の森』受賞は予想通り?
これは載せないと! 賞取り予想と結果を忘れていたわ。そしてあたしは帰国早々、ビックリの結果を目撃! とりあえずはあっぱれ日本!

カンヌ映画祭の会期中は、日刊で出している「Screen」誌カンヌ特別号が、毎日コンペティションのパルムドール予想をするの。いろんな媒体のジャーナリストが、試写を見た後で5段階評価をつけるの。それの総合得点でパルムドールはどれに輝くかを予想するってわけ。いわば星取り評価なんだけどね。これらの評価が下馬評と合わさって、現地ではみんなで予測をしているのよ。

まずは閉会式直前までの予想ね。

前半戦では『4Luni,3 Saptamini Si 2 Zile』がトップだったけど、最終的に最高得点を記録したのはコーエン兄弟の『ノー・カントリー・フォー・オールドメン(原題)』。またジュリアン・シュナーベルの『潜水服は蝶の夢を見る(仮題)』もなかなかの評価で、注目を集めていたわ。

ちなみにこの星取り、コンペ以外の作品にもおまけで評価をつけているんだけど、コンペ外の最高得点はマイケル・ムーア監督の『シッコ』。これは納得かもね。

そして日本時間では昨夜深夜に発表された第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門授賞式。ムービープラスでの中継はごらんになった? 結果は以下の通りよ。

パルムドール:『4Luni,3 Saptamini Si 2 Zile』
グランプリ:『殯の森』
最優秀監督賞:ジュリアン・シュナーベル(『潜水服は蝶の夢を見る(仮題)』
最優秀男優賞:コンスタンティン・ラヴロネンコ(『ザ・バニッシュメント(原題)』)
最優秀女優賞:チョン・ドヨン(『シークレット・サンシャイン(原題)』)
60周年記念賞:『パラノイド・パーク(原題)』(ガス・ヴァン・サント)

やったね! 殯(もがり)チーム、おめでとうございます!!



cinemacafe.net WORLD TOUR 第60回カンヌ映画祭レポートはこちら! 
http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2007/
《text:Masamichi Yoshihiro》

関連ニュース

特集

page top