HIP HOP界のカリスマ・ラッパーが子供たちと「イェー!!」 ちびっ子DJも!

最新ニュース

カリスマラッパー・Kダブ・シャインが子供たちとコラボレーション
  • カリスマラッパー・Kダブ・シャインが子供たちとコラボレーション
5月27日(日)、夏を思わせる陽気の中、代々木大山公園に幼稚園から小学校低学年まで100人の子供たちが集結。そして子供たちの中に交じって異彩を放つひとりの男。彼の巧みなMCと歌に合わせて子供たちはノリノリ。

実はこれ、いまHIP HOP界で絶大な人気を誇るカリスマ・ラッパー、Kダブ・シャインのミュージック・ビデオ収録の一幕。この日収録された「ソンはしないから聞いときな」は6月9日(土)に公開を迎える映画『それでも生きる、子供たちへ』の応援ソングとして作られ、6月13日(水)に限定配信でリリースされることが決定した。

映画『それでも生きる、子供たちへ』とKダブ・シャインの共通点、それは子供たちへの強い思い。本作はユニセフとWFP(国連世界食料計画)の協力の下、この映画のためにリドリー・スコット、スパイク・リーら世界7か国の著名な監督が集結。自国の子供たちの厳しい現状を描くというテーマのもとに製作された。HIVに感染した親から生まれた子供や少年兵士、スラムに暮らすストリートチルドレンなど、劣悪な環境の中でも目に輝きを失わずに日々を生きる子供たちを描いている。Kダブ・シャインも様々な社会的な問題を取り上げる社会派のラッパーとして知られ、過去にも児童虐待をテーマにした作品の発表したり、少年院を慰問するなど子供にかかわる問題に高い関心を示してきた。

集まった100人の子供たちはKダブ・シャインの歌としゃべりに大喜びで陽気に反応を返し、中にはDJブースで卓を回す子まで出現! HIP HOP界のカリスマも撮影後に「子供たちからパワーをもらいました」と子供たちとのコラボレーションに大満足の様子だった。

ちなみに、今回のュージックビデオ収録でディレクターを務めたのは映画『凶気の桜』を監督した薗田賢次。今回の映像はドキュメンタリー・タッチで撮影され、ミュージックビデオの一部として使用されることになる。

映画『それでも生きる、子供たちへ』は6月9日(土)よりシネマライズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top