チャン・ツィイーが高見盛とデートの約束「私を相撲へ連れてって!」

最新ニュース

『女帝 [エンペラー]』ジャパン・プレミアでチャン・ツィーが高見盛にデートの申し込み
  • 『女帝 [エンペラー]』ジャパン・プレミアでチャン・ツィーが高見盛にデートの申し込み
シェイクスピアの戯曲「ハムレット」を原案に、中国を代表する名匠の一人、フォン・シャオガンが築き上げた美しく、壮大なる復讐劇『女帝 [エンペラー]』。6月2日(土)に公開を迎える本作で、復讐にその魂を捧げた王妃・ワンを演じたチャン・ツィイーが来日し、フォン・シャオガン監督とともに都内で開催されたジャパン・プレミアに出席した。

この夜のため、銀座は平日にもかかわらず歩行者天国となり、50mにもおよぶレッドカーペットが用意された。このレッドカーペットに石田純一、叶姉妹、平原綾香、藤崎奈々子など、ジャパン・プレミアに招待された豪華著名人が登場。さらに、日中国交正常化35周年を記念して、大相撲という日本の伝統文化から高見盛関も来場し、チャン・ツィイーへの花束の贈呈も行われた。

詰めかけた大勢の観客を前にチャン・ツィイーは「日本のみなさんがいつも情熱的にお迎えしてくれて、大変励みになります」と盛大な歓迎ぶりに感謝の言葉を述べた。さらに、劇中で最後に見せる一人芝居のシーンについて「映画であれほど長い間、一人で演技をすることはあまりないので是非、観ていただきたいシーンです」と見どころとして挙げてくれた。

高見盛関はチャン・ツィイーと並んで立つも「とてもきれいな方で、ちゃんと顔を拝見できません。緊張して足が震えます」とテレ笑い。140kgを超す巨体がこの日はいつもよりも小さく見える。そんなガチガチの高見盛関にチャン・ツィイーは「今夜は私が高見盛関を招待しますので、次は私を相撲に招待して下さいね!」とデート(?)の約束を取り付けた。これに対しシャオガン監督が割って入って「高見盛関、チャン・ツィイーを抱きかかえて客席に投げちゃえば?」と言うと場内は大きな笑いに包まれた。

この夜の満面の笑みからは想像できない、気高き復讐の夜叉と化したチャン・ツィイーがスクリーンに——『女帝 [エンペラー]』は6月2日(土)より有楽座ほか全国東宝洋画系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top