クドカン&阿部サダヲが贈る超ハイテンション舞妓ムービー『舞妓Haaaan!!!』

最新ニュース

『舞妓 Haaaan!!!』 -(C) 2007「舞妓Haaaan!!!」製作委員会
  • 『舞妓 Haaaan!!!』 -(C) 2007「舞妓Haaaan!!!」製作委員会
  • 『舞妓 Haaaan!!!』 -(C) 2007「舞妓Haaaan!!!」製作委員会
  • 『舞妓 Haaaan!!!』 -(C) 2007「舞妓Haaaan!!!」製作委員会
「池袋ウエストゲートパーク」、『真夜中の弥次さん喜多さん』、『木更津キャッツアイ』シリーズなど、趣向の変わった作品を世に送り出し続ける脚本家、クドカンこと宮藤官九郎が次に選んだ舞台は…なんと舞妓の世界! ごく普通のサラリーマンが(学生時代に)京都で舞妓と遭遇したのを機に「いつかは自分のお金で舞妓と野球拳を!」と夢に向かって突っ走るコメディが『舞妓Haaaan!!!』なのであります。

熱狂的な舞妓ファン・鬼塚公彦を演じるのは、クドカン作品ではおなじみの阿部サダヲ。これまで超個性的なバイプレイヤーとして数多くの作品に出演してきた彼が満を持して(?)映画の主演をゲット!

カメラ片手に舞妓の追っかけをするわ、お茶屋に行くために新しいカップ麺を開発するわ、挙げ句の果てにお座敷遊びを豪遊する野球選手と張り合うためにプロ野球の世界へ乗り出すわ──やることなすことすべてが破天荒な男を演じています。

公彦に想いを寄せ舞妓になる決意をするOL・富士子を柴咲コウ、公彦のお座敷ライバルであり年俸8億円のエースピッチャー・内藤を堤真一がこれまたハイテンションに演じているほか、ちょい役で「えっ、あの人が!」というサプライズも。さらに「以前からファンだった」という柴咲コウとグループ魂(クドカン、阿部サダヲら7名によるパンク・コント・バンド)がコラボした主題歌「お・ま・え ローテンションガール」もかなりハイテンション! 隅々まで笑いとポジティブさが行き届いている喜劇なんどす。

《text:Rie Shintani》

関連ニュース

特集

page top