出会う者すべての心を奪う魅惑の少女・小夜子の秘密とは——『吉祥天女』公開初日決定

最新ニュース

『吉祥天女』 -(C)2006 吉田秋生・小学館/『吉祥天女』製作委員会
  • 『吉祥天女』 -(C)2006 吉田秋生・小学館/『吉祥天女』製作委員会
心のうちを見透かすような大きな瞳、長くツヤのある黒髪。そして男も女も惑わせる完璧な美貌と、17歳とは思えぬ妖艶な雰囲気を併せ持つ、ミステリアスな少女・叶小夜子。理由あって実家を離れて育ち、12年ぶりに叶家に戻った彼女は、出会う者すべての心を奪い、虜にしていく——。1984年に小学館漫画賞を受賞し、これまでに約250万部の売り上げを記録。TVドラマ化されたことも記憶に新しい吉田秋生の傑作少女コミックを映画化した『吉祥天女』の公開初日が6月30日(土)に決定した。

メガホンをとるのは『ラヴァーズ・キス』に続いて吉田作品を手掛ける及川中監督。小夜子役には『監督・ばんざい!』で詐欺師の娘という破天荒なキャラクターに扮した鈴木杏が、さらに新境地を開拓。小悪魔のように囁いたかと思えば、慈愛に満ちた母親のような微笑みをたたえ、また鬼のような目つきで睨みをきかせたかと思えば、天女のような優しさで相手を包み込む——次々と多彩な表情を見せる少女を演じきった。

そのほか小夜子に憧れる女子高生・麻井由似子役に『Dear Friends ディア フレンズ』での好演が注目を集めた本仮屋ユイカ、小夜子をめぐって兄と三角関係に陥る遠野涼役には今夏『阿波DANCE』の公開を控える勝地涼、その兄・暁役に『気球クラブ、その後』の深水元基がキャスティングされた。女は憧れ、男は翻弄されていく——誰もが惹きつけられる“小夜子”に秘められた天女伝説とは? 『吉祥天女』は6月30日(土)より渋谷Q-AXシネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top