“柔道界の守護神”・吉田が新山千春の娘を柔の道に引きずり込む?

最新ニュース

“柔道界の守護神”吉田選手 新山千春と並んで終始照れ笑い
  • “柔道界の守護神”吉田選手 新山千春と並んで終始照れ笑い
時に神のごとき奇跡を起こし、時に為す術もなく命の喪失を目の当たりにする“無名の英雄”レスキュー・スイマー。その中でも軍隊をも凌ぐ過酷な訓練で知られる、アメリカ沿岸警備隊の伝説的スイマーと、彼に導かれる若き天才スイマーの心の絆、そして人命救助の使命を背負った彼らの苦悩と葛藤を描いた命のドラマ『守護神』。ケヴィン・コスナーとアシュトン・カッチャーの主演で贈る本作のDVDとブルーレイディスクの6月20日(水)の発売に先駆けて、6月14日(木)、柔道家の吉田秀彦とタレントの新山千春を迎えて発売記念イベントが行われた。

日本代表選手として3度の五輪出場という快挙を果たし、今も現役の格闘家として活躍しながら、柔道普及のために精力的に活動している吉田さん。“柔道界の守護神”と呼ばれることについては、「嬉しいです。これからも“守護神”と呼ばれたいですね」とコメント。お隣の新山さんから「陰で努力や苦労をしている男の人はカッコよくて素敵。強い男になってほしいです」とのエールの言葉には「プレッシャーです…。こんなきれいな奥さんがいたら頑張らなきゃいけないと思いますよ」と終始照れっぱなしだった。

一方の新山さんは、昨年めでたく出産を終えたばかりの新米ママ。来月1歳になるという愛娘について「子育ては毎日が発見で楽しい。可愛くて毎日泣いてます」と笑顔で語る。それを聞いた吉田さんは、すかさず「3歳になったらうちの道場に連れて来て下さい」と熱いラブコールを贈り、会場に笑いを呼んだ。しかしその想いも届かず(?)新山さんは、夫である西武ライオンズの黒田哲史選手との家庭生活について「お互いを尊敬できる良い関係です」とラブラブモードの健在っぷりを見せてくれた。

映画『守護神』については「自分の命を顧みず、人を救う男たちの姿がとても感動的な映画。熱い男たちに観てほしい」と語る吉田さんに対して、本作の大ファンだという新山さんは「男性だけでなく、女性も何度でも楽しめる映画。1度目は迫力ある映像とストーリーを、2度目は男たちの肉体美を楽しんで」とメッセージを贈ってくれた。

DVDには特典映像として、劇場公開時には使われなかった幻のもう一つの感動のラストシーンも収録されている。自然の猛威に立ち向かい、生と死の狭間で闘う男たちの生きざま、そして新山さんも惚れ込んだという男の美学を堪能してみては?

『守護神』DVD
発売元:ブエナ ビスタ ホーム エンタ−テイメント
定価:3,990円(税込)
発売日(レンタル同時開始):6月20日(水)

ブルーレイディスク同時発売
定価:4,935円(税込)

詳しくはこちら
http://www.movies.co.jp/guardian/

© Buena Vista Home Entertainment, Inc.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top