勝地涼「小夜子が実際の生活にいたら…? 怖いので近寄りません(笑)」

最新ニュース

現場の和気あいあいとした雰囲気が伝わる『吉祥天女』チーム
  • 現場の和気あいあいとした雰囲気が伝わる『吉祥天女』チーム
  • 艶やかな着物姿がまぶしい鈴木杏、本仮屋ユイカ
  • 着物美女2人見て、勝地涼「日本人だなぁ」
鈴木杏、本仮屋ユイカ、勝地涼という若手実力派俳優陣が顔を揃え、古都・金沢を舞台に贈るサスペンス・ムービー『吉祥天女』。6月30日(土)の公開に先駆けて本作のプレミア試写会が6月20日(水)に行われ、杏さん、ユイカさん、勝地さんと及川中監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。

人気漫画が原作とあって、杏さんは「私なんかが小夜子を演じてしまって、リアルタイムで原作を読まれた方々に対して、何だか申し訳ないなという気持ちでいっぱいです…」と控えめな挨拶。原作が持つ世界観の難しさについて「まず、すごく複雑だなぁと感じました。そして一番困ったのは、小夜子という人物を掴み、行動の動機を見つけていくという部分でした」と語った。しかし、現場でやっていくうちに掴めてくる部分が多かったようで「だんだん、『あっ、小夜子ってやっぱり17歳の女の子なんだ』という前提や、でも“叶小夜子”という人にならざるを得なかったんだ、ということが分かってきました。撮影中すごく孤独になったり、しんどい時もあったんですけど、だんだんと小夜子のことが好きになっていきました」と振り返った。

一方のユイカさんは、杏さんへの憧れを常々持っていたとのこと。それが劇中、ユイカさん扮する由似子が小夜子に対して持つ憧れとリンクするところがあって、内面的には演じやすかったと言う。また、現場では緊張したとも。「監督が私をすごく見てると思ったんですね。自意識過剰かなと思ったんですけど、私の好調不調、出来不出来というのを、私の感覚以上に的確に言い当ててくださって。中でも私にとってキーとなるシーンがどうしてもうまくいかなくて、7回くらいやり直してパニックになっていたんです。そのとき、杏ちゃんがふっと笑ってくれて“鈴木杏”と“叶小夜子”がものすごく綺麗に重なったんです。すごく感動して、そこから上手く演じられるようになったんです。そういう場面に遭遇して、(杏さんを)素晴らしい女優さんだなって思ったし、本当に助けてもらえてよかったなと思います」と撮影中のエピソードを披露してくれた。

勝地さんもシリアスで非常に難しい涼役を演じたが、「遠野涼をやると聞いた時は、同じ名前ということで親しみやすいところもあったんですが、孤独だったりナイーブな部分があるキャラクターで、僕は全然ナイーブではないので、実は似ていないんです。でも、そういう気持ちというんですか、自分の親が交通事故で死んでしまったりとか…経験したことのないことが多い役だったので、すごく難しかったんです。でも現場にはいつも鈴木杏ちゃんがいて、何回も共演させていただいてるということもあって、安心感はありました。また、そばで見ていて改めて『鈴木杏ってスゲェ』と思いました」と難役をやり切った気持ちと現場の一体感の素晴らしさを語ってくれた。もし小夜子みたいな魔性な女がいたら? という問いには「惹かれちゃうんじゃないんですかね…いや、実際の生活の中にいたら怖いので…近寄らないと思います」と笑った。

普段は「若い人たちと話すのが苦手なんですよ(ちなみに理由は『自分の気が若いのに、若い人たちとズレていくのが嫌だから』)」と語る監督も「とにかくこの3人が好きになりました」と絶賛した。そして「この映画は“癒しの映画”です。監督としては、観た方の心が癒されることを一番望んでいます」と作品をアピールした。若き3人の才能がどのように絡み、成長を遂げてゆくのか? 注目の『吉祥天女』は6月30日(土)より渋谷Q-AXシネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top