古田新太をチラリ、2年ぶり映画復帰に竹内結子「こういう組み合わせでもいいか…」

最新ニュース

『サイドカーに犬』初日舞台挨拶に立ったキャスト陣と監督
  • 『サイドカーに犬』初日舞台挨拶に立ったキャスト陣と監督
  • 2年ぶり初日舞台挨拶もリラックスした表情で登壇した竹内結子
  • 短時間の挨拶の中できっちりと暴走ぶりを見せてくれた古田新太
芥川賞作家・長島有のデビュー小説を、2年ぶりの映画出演となる竹内結子を主演に迎えて映画化した『サイドカーに犬』が6月23日(土)、公開初日を迎えた。シネスイッチ銀座では、初日の1回目の上映で、本作を鑑賞したばかりの観客を前に、竹内さんと共演の古田新太、松本花奈と根岸吉太郎監督の4名が舞台挨拶を行った。

2年ぶりの初日舞台挨拶に立った竹内さんはリラックスした表情で「みなさん素敵な夏休みを過ごしてください」と詰めかけた観客に向けて笑顔で挨拶した。続いてマイクを握ったのは劇中で竹内さんと、忘れられない夏休みを過ごした花奈ちゃん。「映画はどうだったでしょうか?」という言葉に会場からは大きな拍手が。これに笑顔で応えた花奈ちゃんだったが次に出てきた言葉は「ではさようなら」。会場は笑いに包まれた。そして竹内さんを愛人としてものにした古田さんは「お集まりいただいた竹内結子ファンのみなさま、申し訳ございません」と全く申し訳なくなさそうに挨拶。「至福のときを過ごさせていただきました」と言うも実は撮影中はあまり話す機会がなかったとか。監督は「(試写の感想で)『監督はいったい何を言いたかったのか?』という声が聞かれますが、何も言いたいことなどありません」とあっさり。「素直に感じたままに、心に残っていただければ嬉しいです」と語った。

しょっぱなのそれぞれの挨拶を聞いただけで、監督も含め、よくぞこんな個性的な面々が…と思ってしまう。現場の様子は監督曰く「ユニークな俳優たちが、現れては非常に濃い雰囲気を振りまいて帰ってゆくの繰り返し」だったとか…推して知るべし。

竹内さんは古田さんとの共演について「一度お会いしてみたいと思っていたので楽しかったです。まあ、人生何が起こるかわからないから、こういう組み合わせでもいいんじゃないか、と思ってます」。“こういう”ってどういう意味なのかが気になります。

花奈ちゃんにも両脇の2人の印象を聞いてみると「ヨーコさん(竹内さん)は大人の中の大人って感じ。お父さん(古田さん)は…」この沈黙に場内は大爆笑。「監督と似ていて、さりげなく優しいです」とのこと。

せっかくの花奈ちゃんの褒め言葉にも、古田さんの暴走は止まらない。劇中のやりとりから、嫌いだったものが好きになった経験はありますか? という問いに竹内さんが「グリーンピースが苦手だけど克服できそうかな(笑)。まずは豆ごはんから!」。そして花奈ちゃんは「大根が嫌いだったけど好きになりました」と答える。最後にマイクを受け取った古田さんは「人間に食えないものはないというのが私のポリシー。苦手なものはありません」。ここで止めとけばいいものを司会者の「では食べ物に限らず、動物や虫、例えばゴキブリなど苦手な…」という問いをさえぎり「ぜんぜん食べます!!」と究極の雑食宣言。さらに、薫の歳の頃に何にハマッていたかと聞かれて迷わず「一人遊びですね。妄想を膨らませて人形と人形をしゃべらせたりしてました」。劇場に足を運んだ多くの竹内さんファンの脳裏に“古田新太ここにあり”をしっかりと刻みつけた。挨拶の最後に花奈ちゃんが「いろいろ変なこと言ってすいません」とかわいく付け加えてくれたが、一番変なこと言ってるのは30歳以上離れた隣の男ですから! この3人が父と娘と謎の愛人として劇中どんなやりとりを見せてくれるのか? 挨拶を聞きながら楽しみになった『サイドカーに犬』はシネスイッチ銀座、アミューズCQNほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top