ネタバレ関係なし! 禁断のツッコミあり! 伊勢谷&凛子&三木聡、爆笑舞台挨拶

最新ニュース

左から三木聡監督、伊勢谷友介、菊地凛子、ふせえり、ナイス橋本
  • 左から三木聡監督、伊勢谷友介、菊地凛子、ふせえり、ナイス橋本
  • 新たな境地を開きすぎた? 伊勢谷友介
  • アカデミー・ノミネート女優が禁断のコメディに!
深夜枠でありながら異例の高視聴率を記録し、先日惜しまれながら最終回を迎えたTVドラマ「帰ってきた時効警察」を手がけた三木聡監督。『亀は意外と速く泳ぐ』以来、約2年ぶりとなる三木監督の最新映画『図鑑に載ってない虫』が6月23日(土)に初日を迎え、三木監督に主演の伊勢谷友介、菊地凛子、ふせえり、そして主題歌を担当したナイス橋本が舞台挨拶に登壇した。

初日を迎えた喜びか? それとも単に現場の雰囲気をそのまま持ってきただけなのか? 監督をはじめ登壇者のテンションはやたら高め。主演の伊勢谷さんは詰めかけた観客を前に「今日はこの映画にぴったりの天気ですね。暑くて臭い映画ですが楽しんで観ていただけたら、と思います」と挨拶。ちなみにこの日の舞台挨拶は、初回上映に続き2回目となるが、司会者の「コメディ出演ということで新境地を開いたのでは?」という質問に伊勢谷さんは「やべぇ、さっきと同じ質問だ」と禁断のツッコミ。「監督のネタをつぶさないようにやりました」と語る伊勢谷さんを指して三木監督は「これの困った顔が面白いんです。松尾(スズキ)さんとか、色々出てきて(伊勢谷さんが)困らざるを得ないんですよ」とこれでもかというくらい嬉しそうな顔で語ってくれた。監督オススメの、困り顔の伊勢谷さんにぜひ注目したい。監督自身は「どんな感想を持っていただいてもかまいません。何が起きたのか、目撃していただければ幸せです」と観客に呼びかけた。

『バベル』でオスカーにノミネートされた菊地さんにとって本作は、アカデミー賞授賞式後、初めて撮影に臨んだ作品。「授賞式後、良い環境、良い場所に戻ってこれたな、というのがあります。『またこの現場でやりたい』って思えるくらい良い現場でした。サヨコは、いいとこにハマると、すごく気持ちいいキャラクターです」と語ってくれた。

「1回目と2回目の舞台挨拶の間、ブートキャンプやってました」と身振り手振りを合わせて、これまたハイテンションで語ってくれたのは、すっかり三木作品の常連となったふせさん。本作ではなんと、角刈りになっている。「だって女優だもん! 菊地だってやるよね?」と女優魂を見せると場内からは大きな拍手が起こった。

ナイスさんは「作品を観ながら、ストーリーや印象に残る言葉を参考に曲を作りました。だから映画が終わって、曲を聴いていると『なるほどな』と思うところもあると思います。ぜひそこも楽しんでください」とアピールした。ちなみに主題歌についての監督のコメントは「うだうだな映画の最後に良い曲が流れると、いい感じになるんですよね」。

そして舞台挨拶の最後には俳優陣3人にお題が。それは一番気に入ってるセリフを、劇中通りに再現するというもの。舞台挨拶というより、いよいよ撮影現場そのままの様相を呈してきた舞台上。「これ、何のアトラクションですか!」(ふせさん)などと突っ込みながらも実際にやってくれるところが三木組の素晴らしさ!

伊勢谷さんは自身のセリフではなく、駐車場での松尾さんのセリフ「いいなぁ、ゲッキョクなんだから」。続いて菊地さんは、監督の「スタート」の声とともに「あ、ニコラス・ケイジだ!」というセリフを再現。ふせさんはネタバレを警戒して監督に確認をとるが監督は「いいよ、いいよ、何でもOK」。いいのだろうか、本当に? そしてふせさんが発したセリフは「ジジィをくすぐる仕事!」。司会が「映画を観ると謎が解けます」とフォローするも、監督は「いやぁ、解けないかも」とボソリ。なぜかナイスさんが「みなさん、3人のセリフを楽しみに観てください。以上です」と冷静に事態を収束させて幕を閉じたドタバタ舞台挨拶。もはやここまできたら観るしかないか? 

『図鑑に載ってない虫』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top