「ぜひご近所の方を誘ってください!」森迫永依、妻夫木ファンに申し訳ない?

最新ニュース

『憑神』初日舞台挨拶に登壇したキャスト陣と監督
  • 『憑神』初日舞台挨拶に登壇したキャスト陣と監督
  • 西田敏行に耐えて(?)しがない下級武士を熱演した妻夫木聡
  • この子にこそ何かが憑いてる? と思わせるほど大人びた様子で語る森迫永依
浅田次郎原作・降旗康男監督という『鉄道員(ぽっぽや)』のコンビが再びタッグを組んだ『憑神』。しがない下級武士が3人の災いの神に取り憑かれながらも、自身の誇りや武士道を見出しゆくさまを、時にコミカルに時にホロリとさせるテンポの良さで描いた痛快な物語だ。本作が6月23日(土)に初日を迎え、主演の妻夫木聡、西田敏行、夏木マリ、森迫永依、鈴木砂羽、そして降旗監督が舞台挨拶を行った。

「企画の段階から関わっていた」という妻夫木さん。「いつもとはちょっと違う心境で初日を迎えています。一人でも多くの方に観ていただきたいので宣伝よろしくお願いします!」と挨拶。妻夫木さんは貧乏神、疫病神、死神に取り憑かれてしまう武士という役。演じる上で難しかったことを尋ねると…「きつかったのは西田さんの演技に耐えること(笑)。もう本当にスゴイんですよ。役が憑依したという言葉が一番しっくりくると思うんですが、本当に面白くて、なかなか別所彦四郎になりきれない時がありました。妻夫木聡になっちゃって何回も本番でNG出してしまって…(西田さんに向かって)すいませんでした(笑)」とペコリ。

その西田さんは「壇上から拝見しましても景色がいいですねぇ、若い女性が多くて(笑)。三國連太郎さんと一緒にやってる映画があるんですが、その時の初日の景色とえらい違いますねぇ(笑)」と開口一番、会場をわかせてくれた。「貧乏神をやらせていただいて、ありがたいんですけれども、たまたまあの、お仕事というのは色んなものが重なって、宝くじの、あの…キャンペーンのお仕事もしておりまして、宝くじで当てたいと思っている人間が貧乏神で良いんだろうか? と(笑)。そういった意味では憑いてるなと思いました」と、今回の役を引き受けるにあたって、ほんの少しだけ、心の中で葛藤したそうだ。

「妻夫木さんが良かったでしょう?」とコメントし、会場が拍手喝采を贈ったのは、彦四郎の母・イトを演じた夏木さん。「妻夫木さんが出ている映画で面白くないわけがないと思うの。私は今回この役をやらせていただいた理由は、妻夫木さんに会える、2か月一緒にいれる、というだけでした(笑)! 妻夫木さんに会いたいだけで京都の撮影所に行っておりました。しかも、妻夫木さんを見守る地味なお母さんという役で、久しぶりに人間の役をやらせていただきました(笑)」と、西田さんに続いて会場をわかせてくれた。

実写版「ちびまる子ちゃん」でおなじみの永依ちゃんは、1,200年も生きる死神という役。「この映画を観て面白いと感じられた方は、ぜひご近所の方や友達を誘ってもう一度、2度、3度ご覧ください」。…「ご近所」! 弱冠9歳の女の子の口から出てくるとは思えない言葉で挨拶をしてくれた永依ちゃん。妻夫木さんとの共演についても「妻夫木さんの女性のファンの方に恨まれないか心配です」といらぬ心配(?)をしている姿がとてもかわいらしく、会場からも「かわいい!」と声が上がっていた。

居候という身分の彦四郎に少しばかり辛くあたる兄嫁・千代役の鈴木さんは「プチ鬼嫁ですが、全然やりにくさは感じませんでした!」とあっけらかんと挨拶。夏木さんにも「砂羽さんは、待ち時間がうるさい!」と突っ込まれ、会場は大爆笑。

そして、こんな個性溢れるキャストたちをまとめた降旗監督は「みなさんの拍手を聞いて、ホッとしております。たくさんの人に観てもらえれば、僕だけじゃなくて、いろんなところで笑える映画が作られるようになると思います。そしてまた、何年後になるか分かりませんけれども、こうしてみなさんにお会い出来れば嬉しいです」とコメントした。

挨拶の後には登壇者たちが、運を“搗い(ツイ)た”お餅を観客席に投げ、幸せ(ツキ)のおすそ分けをするなど、終始なごやか&にぎやかに進んだ舞台挨拶。お餅をもらえた人も、そうでない人も、そしてこれから観る人も、きっと運に恵まれるに違いない(?)『憑神』は丸の内TOEI1ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top