松山ケンイチ「何かを感じたらぜひ表現して!」沖縄の人気者・フジの物語が公開

最新ニュース

『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』初日舞台挨拶にて、左から前田哲監督、利重剛、坂井真紀、松山ケンイチ、高畑充希、池内博之、西山茉希
  • 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』初日舞台挨拶にて、左から前田哲監督、利重剛、坂井真紀、松山ケンイチ、高畑充希、池内博之、西山茉希
  • 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』初日舞台挨拶にて松山ケンイチ
  • 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』初日舞挨拶にて坂井真紀
沖縄にある世界最大級の水族館・沖縄美(ちゅ)ら海水族館で一番の人気者であるバンドウイルカのフジ。3頭の子供を産み育ててきた“ビッグマザー”である彼女は原因不明の病気で尾びれを失ってしまう。しかし水族館のスタッフや様々な人々の協力を得て、「人工尾びれ再生プロジェクト」がスタートする──。この世界初のプロジェクトを追ったノンフィクション小説「もういちど宙(そら)へ」を原案に描かれた青春ストーリー『ドルフィンブルー フジ、もう一度宙へ』が7月7日(土)に公開を迎え、主演の松山ケンイチをはじめ、高畑充希、西山茉希、池内博之、坂井真紀、利重剛、そして前田哲監督による舞台挨拶が行われた。

「さっき、テレビ電話でフジと会いました(笑)」と言う松山さん。「最初にフジのことを書いた本を読んでくれと言われました。人が人以外の命を救う物語って、スゴイことなんじゃないかなと思ったんです。僕はそれまで動物とか自然の命とかを人の命と同じレベルで考えてなかったんじゃないかと反省して、これは今の人たちにも感じてほしいなと思って、この作品に出たいと思いました」と本作へ出演した動機を語ってくれた。そしてフジについて聞かれると「フジと僕は仲良しになりました。でも正月に追加撮影で沖縄に行ったときは僕のことは覚えてませんでした(笑)」と少し切なそう…。

心を閉ざしたヒロイン、ミチルを演じた高畑さんは本作が映画デビュー作となる。「本当に難しい課題を監督に出されたな、と思いました。セリフがほとんどなくて、どこを読んでも『……』って書いてあって、本当にどうしたらいいんだろう? って思ったんですけれども監督に頼りきってやらせていただきました」と脚本を読んだ時の感想を語ってくれた。

高畑さん同様にスクリーンデビューとなった西山さんは松山さん演じる獣医・植村の恋人・陽子役。「スクリーンの中で演技をしている松山さんと普通にしゃべる松山さんのギャップというか、不思議さというか…(笑)。でも飾らない松山さんがいたから、私も役に入り込みやすかったし、緊張が減って演技が出来たんだと思います。本当にそれは彼のステキな部分だと思って共演させていただきました」と、松山さんを絶賛。これに応えて松山さんも「本当の彼氏・彼女みたいでした」と会場の笑いを誘っていた。

飼育係の比嘉を演じた池内さんは、「イルカと接したのはこの映画が初めてだったんです。役柄としてもフジとの距離ってすごく近いんです。できるだけコミュニケーションを取れるように撮休があったら水族館に出向いてフジを触っていたりしました。イルカにもすごく感情があるんですね。イヤなときはイヤだって表現するし、甘えるときは甘えてくるし、そういうところはすごくかわいかったです」と、イルカとの共演を楽しんだ様子。

同じく飼育係のユリ役の坂井さんは撮影中のエピソードを語ってくれた。「撮影の最終日、深夜の3時とか4時くらいに終わったんですよね。だから最後にフジたちに挨拶に行こうって、もう真っ暗だったんですが、プールにみんなで行ったんです。そうしたらイルカたちが水から顔を出して、水をピーって“さよなら”みたいにしてくれてビックリしました」。また、「命を預かっている仕事だというのは痛感しました」と飼育員の責任も重さも撮影を通して感じたそうだ。

飼育員たちをまとめる仲村を演じた利重さん。「役を演じる上では全然大変なことはなかったんですが、水族館を営業しながらの撮影で、スタッフのみなさんがフル稼働で働いているのを見て、大変だなと思いました。それなのに、自分の役はみんなが一生懸命やっているのを見て、『ハハハ』と見ているだけだったので、僕が一番楽をさせてもらったのかなと思っています」とのこと。

先日、都内水族館で行われた舞台挨拶のときのように、何かと松山さんにいちゃもん(?)をつけていた前田監督。「イルカのフジの代理で来ました前田哲です(笑)。フジがみなさんによろしくと言っていました」と挨拶するも、「監督は『俺はフジの代弁者』とか、フジと仲良しってアピールしてますけど、全然そんなことなかったんですよ」とやりこめられたり、「『俺は舞台挨拶は目立ちたくない』とか言いながら、今日のために髪を切ってパーマもかけてるんですよ。それはどうかと思いますけど!」と突っ込まれたり…。とはいえ、監督がフジの写メールを松山さんに送ったりするなど、やっぱり仲良しなのでしょう。

松山さんが「この作品を観て、きっと何かを感じるはずだと僕は勝手に思っています。もし何か感じたら、脳みその中にしまっておかずに何かに書くとか人に話したりしてください。僕はそうしないとすぐ忘れちゃうんです。だからぜひどこかで表現するということをオススメします!」と言う『ドルフィンブルー フジ、もう一度宙へ』は渋谷アミューズCQNほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top