偉大なる盲目の挑戦者に大きな拍手! 紀子さまもご出席の『ブラインドサイト』試写会

最新ニュース

『ブラインドサイト』試写会の舞台挨拶に立ったサブリエさん(左)とパートナーのポールさん(中央)、プロデューサーのシビル・ロブソン・オアー
  • 『ブラインドサイト』試写会の舞台挨拶に立ったサブリエさん(左)とパートナーのポールさん(中央)、プロデューサーのシビル・ロブソン・オアー
  • ハンディキャップに屈せず登頂を成し遂げたサブリエさんに温かい拍手が贈られた
  • 紀子さまの運動に対するご理解の深さに、サブリエさんも感激した様子を見せた
「盲目は前世の祟りが原因で、悪魔がとり憑いている」という古くからの言い伝えが残るチベット。社会的差別を受け、親からも拒絶されてきた盲目の子供たちを援助すべく、立ち上がったのが自身も盲目のドイツ人教育学者、サブリエ・テンバーケン。この地に初の盲人学校を設立した彼女が、盲目の登山家・エリック・ヴァイエンマイヤーとの出会いをきっかけに、子供たちと始めた次なる挑戦。それはエベレストの北にそびえる標高7,000メートルのラクパリ登頂——。この前代未聞の挑戦を追ったドキュメンタリー『ブラインドサイト〜小さな登山者たち〜』の公開を直前に控え、サブリエとパートナーのポール、そして本作のプロデューサーであるシビル・ロブソン・オアーが来日。7月15日(日)、秋篠宮妃紀子殿下もご出席されて行われた、本作の試写会の舞台挨拶に登壇した。

チベット初の盲学校と活動団体である「国境なき点字」を立ち上げた功績が全世界で称賛され、現在はさらに、インドでの新しい学校の設立を進めているというサブリエさん。自身12回目となる本作の鑑賞を終えて「観るたびにどんどん良くなる作品です。決して簡単でない課題について、みなさんが興味を抱いてくれてとても嬉しいです」と語った。本作で撮影された、サブリエさんと6人の子供たちの登山は3年前のこと。その後、6人の子供たちはそれぞれの夢に向かって進み、中には自分で商売を始め、家族を支えている者もいる。「映画に出てくるひとりひとりが、この映画の後もすごく成長しました。何よりも6人全員がそれぞれ夢を叶えたことが素晴らしいことだと思います」と、その喜びを伝えた。

サブリエさんらとともに登頂に参加し、彼女と一緒に子供たちを見守ってきたポールさんは「まずはみんなが無事に下山できたことに、何より安心しました」と当時をふり返った。「できるかどうかよりも、自分がやりたいことに向かうことが大切だと思います。発展途上国では盲目の子供の9割が学校に行けないという現実があります。その状況を少しでも改善するために僕たちは『国境なき点字』活動をさらに広げていこうと思います」と、多くの人が知らないところで、未だ盲目の子供たちに立ちはだかる無数の困難について語り、援助の輪の拡大を呼びかけた。

「チベットの子供たちや盲目というテーマに光を当ててくれたことをすごく嬉しく思っています。サブリエとポールと子供たちが、山を登るということはとてもすごいこと。それを撮影し、このような素晴らしい映像を収めることができたことに、本当に満足しています」とプロデューサーを務めたシビルさんは本作に携わった喜びを口にした。

試写会には紀子さまもご出席されたが、サブリエさんは「とても心の広く、オープンな方で、この映画に対しても大変興味を持っていただきました。映画の伝えたいメッセージと、『国境なき点字』が伝えたいメッセージの両方ともを大変深く理解してくださったんです。とてもお優しくて、心の温かい方でいらっしゃいます」と紀子さまに直接お会いしての印象を語り、自身の活動に対する理解の深さに感激した様子。台風のさなかにもかかわらず会場につめかけた観客からは、映画への感動、そしてサブリエさんらの功績に対して惜しみない拍手が贈られた。

『ブラインドサイト〜小さな登山者たち〜』は7月21日(土)よりシネマライズ、品川プリンスシネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top