キーラ・ナイトレイが18世紀の貴婦人に

最新ニュース

西ウェールズで『The Edge of Love』撮影中のキーラとシエナ (C)Splash/AFLO
  • 西ウェールズで『The Edge of Love』撮影中のキーラとシエナ (C)Splash/AFLO
『ジャケット』のジョン・メイバリー監督と再び組んだ『The Edge Of Love(原題)』の撮影を終えたばかりのキーラ・ナイトレイが新作『The Duchess(原題)』で、18世紀英国の公爵夫人を演じることになった。

ナイトレイが演じるヒロイン、ジョージアナ・キャヴェンディッシュは5代デヴォンシャー公爵夫人。マリー・アントワネットの友人としても知られるが、才色兼備の女性で、文学者や政治家が集うサロンを開いた。当時、英国女性には参政権はなかったが、夫や実父の所属するホイッグ党の政治運動でも手腕を発揮した。

英国でベストセラーになったアマンダ・フォアマン著の伝記「Georgiana The Duchess of Devonshire」を映画化するもので、撮影は10月開始予定。監督は『Bullet Boy(原題)』のソール・ディブ。ちなみにジョージアナの父は初代ジョン・スペンサー伯爵。つまり、彼女はあの故・ダイアナ元王妃の先祖にあたる。



2007年5月10日、西ウェールズで『The Edge of Love(原題)』を撮影中のキーラ・ナイトレイとシエナ・ミラー。この作品は、イギリスの詩人、ディラン・トーマスの人生を描いた作品で、マシュー・リスがディラン・トーマスを演じている。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top