トム・ハンクスが映画芸術科学アカデミーの副会長に

最新ニュース

『Charlie Wilson's War』 -(C) Splash/AFLO
  • 『Charlie Wilson's War』 -(C) Splash/AFLO
アカデミー賞を主催するアメリカ映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は8月15日に、映画プロデューサーのシド・ギャニスを会長に選出、副会長の1人にトム・ハンクスを選んだ。

『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ/一期一会』でオスカー主演男優賞二冠のトムは同アカデミーの俳優部門の理事を務めた経験もあり、'07年から'08年にかけて、映画プロデューサーのロバート・レーメ、作曲家のチャールズ・バーンスタインと共に副会長ポストに就任する。ギャニスは2005年から3期連続で会長を務める。

トムは『ダ・ヴィンチ・コード』の続編で来年のクリスマス・シーズンに公開予定の『Angels & Demons』(原題)でも、前作に引き続き、ロバート・ラングドン教授を演じる予定。



写真は、トムがジュリア・ロバーツと共演した新作『Charlie Wilson's War』(原題)。テキサス州の下院議員、チャーリー・ウィルソンがアフガニスタン紛争で暗躍する姿を描く。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top