誰もが口を揃えて「完成するのかな、この映画」『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』

最新ニュース

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』舞台挨拶にて(左から)安藤政信、佐藤浩市、伊藤英明、桃井かおり、北島三郎、三池崇史監督
  • 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』舞台挨拶にて(左から)安藤政信、佐藤浩市、伊藤英明、桃井かおり、北島三郎、三池崇史監督
  • 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』 伊藤英明
  • 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』 安藤政信
源平合戦に用心棒!? そんなとんでもない設定で派手なアクションが繰り広げられる『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』。この三池崇史監督によるぶっとび和製ウエスタンが、ついに完成し、8月21日(火)に完成披露試写会が行われ、三池監督、伊藤英明、桃井かおり、佐藤浩市、安藤政信が舞台挨拶に登壇した。

主人公のガンマンを演じた伊藤さん。「この映画は本当に完成しないんじゃないかと思いながらやったんですけど、みなさまにお見せすることができて本当に嬉しく思います。独特ではちゃめちゃな世界観ですけど、みなさんに観ていただいて、どう受け取ってもらえるかすごく楽しみです。今日は楽しんで帰ってください」と、観客の反応が気になる様子。この伊藤さんの「この映画は完成しないんじゃないか」という気持ちは、三池監督以下、誰もが思っていたらしい。ガンマンと共に戦うルリ子を演じた桃井さんも「本当に出来上がらないかと思ったんです。ロケ現場に行った時はとても暑くて、“暑いじゃん、このロケ現場”っていうところから、本当に寒くて“殺す気?”って思いました。撮影には半年くらいかかっています。蔵王での撮影では、遭難しそうになったし、映画って、こんなに大変な思いをして作るんだというのを改めて感じた作品なんです」と語ってくれた。

その原因の張本人である三池監督も同じ気持ちだったようで、「やっとみなさんに観ていただけるな、と喜んでいます。ひょっとしたら出来上がらないんじゃないかなと思っていた時期もあって、(俳優の)みんなを大変な目に遭わせてしまいました。こんなに大変な思いをしたのだから、妥協せずに最後までやり通せと、みなさんに励まされながらも、それにしてもそこまでやることねーだろ、みたいな雰囲気もありましたが(笑)。でもその大変さはちゃんと作品の中に生きています」と悪びれもせずにご挨拶(笑)。

源氏ギャングの飛び道具的存在の与一を演じた安藤さんは、「本当にこんなにステキな映画に出演できて嬉しいです」と一言。一方、平家ギャングを率いる清盛を演じた佐藤さん。「みんなが言う通り、いつできるのかなと思いながらやってました。20数年前、僕が映画を始めた頃は、確かにこういう現場が結構あったんです。完成しない映画はないと言われつつ、“本当かよ”と思いながらやっていました。最近の映画ってお行儀良くて、オーバーしても2日か3日で、撮り終えちゃうんですけど、今回は僕の撮影終了予定日になっても、3分の1くらいしか自分の撮影が終わってない。一体どうなるんだろうなと、自分自身の神経が少しヤワになっていたんです。『いいじゃないか、映画をやりに来たんだから、どっぷり任せちゃおうぜ』って腹をくくるのにちょっと時間がかかって、そういったことだけでも久々に映画の現場にいるなということを実感させてくれる映画です」と、撮影をふり返った。

最後に、主題歌「ジャンゴ」を歌う御年71歳の大御所、北島三郎が舞台に登場。「監督に『どうしても歌ってほしい』と頼まれました。こういうのはやったことがないし、英語もダメですと言ったら、詞は日本語で書くということになり、私の次男が書いてくれました。こんなステキな映画の主題歌を歌わせていただいて、この年になって新しいものを見つけ出すことができたかな、という気持ちでいます」と今回のチャレンジについて語ってくれた。

登壇したキャストたちをスキヤキの具に例えると、「桃井さんは豆腐、でも焼き豆腐じゃなくて絹ごし。佐藤さんは白菜、安藤さんは醤油」とは監督の弁。伊藤さんは自身で、「あってもなくてもいいけど、ないと寂しい春菊」とコメント。肝心の肉がないじゃん! と思うのは無粋ってもの?

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』は、9月15日より全国松竹、東急系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top