ロブ・マーシャルがオールスター・キャストのミュージカル映画を計画中

最新ニュース

スペインで撮影中のハビエル・バルデム -(C) Reuters/AFLO
  • スペインで撮影中のハビエル・バルデム -(C) Reuters/AFLO
『シカゴ』、『SAYURI』のロブ・マーシャル監督が新作のミュージカル映画『Nine』(原題)のキャスティングに着手、大物スターたちと交渉中だ。

1982年にラウル・ジュリア主演で初演されたブロードウェイ・ミュージカル「ナイン」は、フェデリコ・フェリーニ監督の『8 1/2』に着想を得た内容で、女性関係によってキャリアと人生の岐路に立つ映画監督、グイド・コンティーニの物語。

2003年の再演でアントニオ・バンデラスが演じたグイド役の候補に挙がっているのはハビエル・バルデム(『海を飛ぶ夢』)。愛人のカーラ役にペネロペ・クルス、妻役には『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』のマリオン・コティヤールが有力視されており、グイドのミューズとなる女優役にキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、母親の亡霊役としてソフィア・ローレンにラブコールを送っているという。マーシャルは製作と振付(ジョン・デルカと共同)も担当。



写真は、ウディ・アレン監督の最新作(タイトル未定)を撮影中のハビエル・バルデム。タイトル未定のこのスパニッシュ・プロジェクトには、ハビエルのほか、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソンなども出演する。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top