デ・ニーロ、バカンスを兼ねて共同経営するレストランを歴訪

最新ニュース

レセプション・パーティに出席したデ・ニーロは升酒飲んでご機嫌の様子 -(C) Getty Images/AFLO
  • レセプション・パーティに出席したデ・ニーロは升酒飲んでご機嫌の様子 -(C) Getty Images/AFLO
今月初旬に10月公開の監督作『グッド・シェパード』のプロモーションで来日したロバート・デ・ニーロ。その後、オーストラリアのシドニーで家族と休暇を過ごした後、メルボルンへ向かい、16日に友人で日本人シェフ、松久信幸氏と共同経営するレストラン「NOBU」のメルボルン店のオープニング・レセプションに出席した。

デ・ニーロは松久氏がビバリーヒルズに開いた「MATSUHISA」で彼の腕に惚れ込み、ニューヨークへの出店をすすめ、自ら共同経営者に名乗りを上げた。それが「NOBU」1号店として1994年に実現、その後ロンドンや東京など世界各地に支店が作られ、メルボルンは19番目の店舗。

翌日17日に64回目の誕生日を迎えると、プライベート・ジェット機で今度はハワイに向かい、ワイキキ店にも顔を出した。銀鱈の西京焼きが好きというデ・ニーロが和食党の理由は「健康にいいからだ」と言う。「満腹になり過ぎて食後に苦しい思いをすることもないしね」。



メルボルンにある「NOBU」のオープニング・レセプションに出席したデ・ニーロ。升酒を飲んで、ご機嫌の様子。デ・ニーロの左隣にいるのが、共同経営者の松久氏。

© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
page top