真夏のパリで、伝説の凶悪犯の実話映画を撮影中

最新ニュース

パリで新作を撮影していたヴァンサン・カッセル -(C) AFLO
  • パリで新作を撮影していたヴァンサン・カッセル -(C) AFLO
ヴァカンス・シーズンまっただ中のパリで、ヴァンサン・カッセルとリュディヴィーヌ・サニエは映画を撮影中。'70年代のフランスに実在した強盗と脱獄の常習犯、ジャック・メスリーヌの自伝をもとにした2部作『L'instinct de mort』(原題)と『L'ennemi public no1』(原題)の2作だ。8月15日はラストシーンの撮影がパリ市北部のクリニャンクールで行われた。

メスリーヌは1936年にパリで生まれ、「百の顔を持つ男」の異名をとり、'60年代から国内外で強盗を働き、カナダで投獄されるが脱獄。'72年に帰国し、強盗や殺人、誘拐、武器密輸などの犯罪と脱獄を繰り返し、獄中で映画と同名の自伝「L'instinct de mort」を執筆。'79年11月、前年に脱獄して逃亡中のところをクリニャンクールで警察に射殺された。

メガホンをとるのは『アサルト13 要塞警察』のジャン=フランソワ・リシェ監督。ヴァンサンがメスリーヌを、リュディヴィーヌは彼と行動を共にしていた愛人・シルヴィアを演じる。ジェラール・ドパルデュー、サミー・ナセリらが共演。前編の『L'instinct de mort』は'08年10月にフランス公開予定。



© AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top