「全ての人への物語」『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』リントン監督が込めたメッセージ

最新ニュース

『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』キャサリン・リントン監督
  • 『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』キャサリン・リントン監督
  • 『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』
  • 真剣な眼で訴えるキャサリン・リントン監督
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の衝撃から5年。再び世界でセンセーションを巻き起こした新作『ショートバス』が日本でもつい先ごろ公開されたばかりのジョン・キャメロン・ミッチェル監督が、音楽プロデューサーのクリス・スルサレンコ、そしてオノ・ヨーコをはじめ多数のミュージシャンとのコラボレーションを実現。N.Y.にあるLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア)の青少年のための学校「ハーヴェイ・ミルク・ハイスクール」を応援するべく立ち上がった! 彼らがチャリティ・アルバム「ウィッグ・イン・ア・ボックス」を制作、完成させるまでを追いながら、4人のLGBTQの生徒たちに焦点を当て、その心の声を映し出したドキュメンタリー『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』が9月22日(土)より渋谷ライズXほか全国にて順次公開される。本作の監督を務めたキャサリン・リントンが来日し、8月21日(火)に彼女のウェルカムパーティが開催された。

「私たちが撮影のために追いかけた子供たちの声は大きく、はっきりしていた」と言うリントン監督。「彼らは社会における差別や家族の拒絶、前の学校でのいじめや文化的なバリア、そして経済的な困窮などに直面してこなければならなかった。でも彼らは傲慢さからではなく人間として、自分たちが何者であるかを繰り返し主張した。早い年齢で、自分たちが何であるかに正直になった方が、世の中は簡単であることを理解したのよ」。

監督はこれまでレズビアンやゲイといった、ジェンダーに関するTV番組の制作に力を入れてきたが、本作で記念すべき初メガホンを取った。「この映画を通して、真の多様性だけがもたらすことのできる大いなる希望やインスピレーションの証人になれたことを誇りに思います」とコメントし、「この『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』は、単なるゲイ映画ではないの。誰もが自分自身を探している。全ての人への物語よ。多くの場所で多くの人に観てほしいわ」と、来場した人々にメッセージを贈った。

また、来日の感想を「東京はいろんな人がいる、とてもエキサイティングな場所。しかもみんな真剣にこの作品で訴えているような問題のことを考えてくれていて、とても嬉しかった」と語った監督。ちなみに来日してからお刺身、寿司、うどんと、日本食を満喫しているとのことだ。真剣な眼差しで作品に込めた思いを語ってくれたキャサリン監督。他人との違いから生み出される葛藤、自らを肯定する勇気を映し出しながら観る者に多様性を問いかける『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』は、9月22日(土)より渋谷ライズXほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top