新婚のスティーヴ・マーティン、パリで当たり役を熱演中

最新ニュース

パリで『ピンクパンサー』続編を撮影中のジャン・レノとスティーヴ・マーティン -(C) AFLO
  • パリで『ピンクパンサー』続編を撮影中のジャン・レノとスティーヴ・マーティン -(C) AFLO
スティーヴ・マーティンがクルーゾー警部に扮する『ピンクパンサー』の続編『The Pink Panther 2』(原題)の撮影が8月20日、パリで始まった。先月29日に26歳年下の恋人と電撃再婚したマーティンは連日大活躍。ジャン・レノ扮する、クルーゾーのお目付け役・ポントンも健在だ。

本作の公開は2009年2月13日と、ちょっと先。本来は2008年公開作だったが、当初の撮影地だったカナダで俳優たちのストライキが起きて、今年2月のクランクインが半年も延びてしまったのだ。

キャストにも変更が生じ、前作のビヨンセ・ノウルズに代わってヒロインを演じるのはボリウッド(ヒンディー語映画界)のスター、アイシュワリヤー・ライ。ドレフュス警視役はケヴィン・クラインからジョン・クリーズに引き継がれ、アンディ・ガルシアとアルフレッド・モリーナが刑事役で新たに加わった。今回は世界を股にかける大泥棒とヨーロッパ中から集結したお間抜け刑事たちの攻防のストーリーになるという。



© AFLO
《text:Yuki Tominaga》
page top