これは劇中の雰囲気そのまま? いや、俳優陣の日常? 『めがね』“たそがれ”試写会

最新ニュース

『めがね』“たそがれ”試写会。キャスト・監督のみならず観客もメガネで大歓声!
  • 『めがね』“たそがれ”試写会。キャスト・監督のみならず観客もメガネで大歓声!
  • 小林聡美の大人のたそがれぶりに加瀬亮「勉強になります」。
  • 市川実日子はもたいまさこの動きに「ありえない!」
南の島ののんびりとした時間を切り取った癒し系ムービー『めがね』。『かもめ食堂』のスタッフ・キャストが再集結して製作され、9月22日(土)よりいよいよ公開を迎える。本作の試写会が開催され、小林聡美、市川実日子、加瀬亮、もたいまさこのキャスト陣と荻上直子監督を迎えての舞台挨拶が行われた。

この日、キャスト陣は全員劇中で使用しためがねを掛けて登壇。普段はめがねを掛けないという加瀬さんは「掛けているときの自分の顔にはすごい違和感を感じますね、何が変わるというわけでもないんですが。撮影で何かとうまくいかないと、めがねのせいにしていました」と笑った。映画の中に出てくる人々は、みんな“たそがれ上手”。加瀬さん自身はたそがれるのは上手なのだろうか? 「あんまりたそがれることはないですね。まだそんな年頃でもないですし」。そこに「歳は関係ないですよ」とすかさず反応したのが小林さん。人生の先輩として(?)、たそがれの極意を伝授。曰く「たそがれどきというものは突然やってくるものであり、決してその姿を他人には見せてはいけないもの」なのだとか。小林さん自身は「散歩していて、雲の形がきれいだったりすると、つい立ち止まってたそがれてしまいます」と、さすが正統派たそがれ上手。

“たそがれ”試写会と銘打っただけあって、この日の会場には、なんともゆるーい空気が漂う。映画の雰囲気をそのまま持ってきたような、というよりは、のんびりとした空気をまとった俳優陣をキャスティングしたと言った方が正しいかも。その俳優陣をまとめ上げた荻上監督は、数年前にロサンゼルスで買ったという自前のめがねで登場。「うちで飼ってる猫のおでこのにおいをかぐとたそがれますね」。この監督にしてこの映画…いや、このまったり感ありと言うべきか。

「私もたそがれるのが得意な年頃です」と笑顔で語ってくれたのは市川さん。加瀬さん、小林さんの2人が全編を通して、もたいさんのセリフが「最も印象に残っている」と語る中、市川さんが印象に残った部分として挙げてくれたのは、セリフではなく動作。「もたいさんが、サッとふり返る動きがありえないです(笑)」。こうして全員から名を挙げられたもたいさん。「年頃から言ったら、私はずーっとたそがれているような感じです」と、マイクが入っていなかろうがおかまいなしに、のんびりとした口調で語ると、会場からは笑いと拍手が。自身の演技については「どうなんでしょうねぇ? ほとんどしゃべってないので」ととぼけたが、荻上監督は「セリフがないときの空気感、たそがれている感が大好きです」と絶賛した。舞台挨拶の最後には、来場した観客も配布されためがねを掛け、登壇者一同と記念撮影。だが、映画を観てもタイトルの理由がわからない、といううわさも聞こえる『めがね』。9月22日(土)よりテアトルタイムズスクエア、銀座テアトルシネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top