ホアキン・フェニックスとグウィネス・パルトローがラブストーリーで共演

最新ニュース

今年のカンヌ映画祭に出席したホアキン、エヴァ・メンデス、ジェームズ・グレイ監督 -(C) BENAINOUS/HOUNSFIELD/LEGRAND/Gamma/Eyedea/AFLO
  • 今年のカンヌ映画祭に出席したホアキン、エヴァ・メンデス、ジェームズ・グレイ監督 -(C) BENAINOUS/HOUNSFIELD/LEGRAND/Gamma/Eyedea/AFLO
ホアキン・フェニックスが、盟友ジェームズ・グレイ監督の新作『Two Lovers』(原題)の主演を務めることになった。ホアキンは過去に『裏切り者』と10月に全米公開予定の『We Own the Night』(原題)と2本のグレイ監督作に出演している。

『Two Lovers』は、ニューヨークのブルックリンを舞台に、2人の女性の間で揺れ動く男性が主人公。家族ぐるみで付き合いのある家の娘との結婚を望まれながら、彼は隣に越してきた情緒不安定気味の美女と激しい恋に落ちる。

2人の恋人のどちらかを演じる女優はグウィネス・パルトローと決定していて、30代半ばにしてすでにオスカー俳優の称号を得ているスター2人の共演が実現する。これが4本目の監督作となるグレイがリック・メネロと共同で脚本も手がけ、11月から撮影準備の開始予定。



写真は今年の5月25日、カンヌ映画祭に出席した『We Own the Night』ご一行。左から、ホアキン、エヴァ・メンデス、ジェームズ・グレイ監督。

© BENAINOUS/HOUNSFIELD/LEGRAND/Gamma/Eyedea/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top