ミラ・ジョヴォヴィッチ最新作が全米興行収入第1位に

最新ニュース

『バイオハザードIII』のラスベガスプレミアにてオデット・フェールとミラ -(C) Getty Images/AFLO
  • 『バイオハザードIII』のラスベガスプレミアにてオデット・フェールとミラ -(C) Getty Images/AFLO
全米で9月21日に公開された『バイオハザードIII』が21日から23日にかけての週末の興行収入として2367万8580ドルを記録し、初登場で1位になった。公私共にパートナーのポール・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演によるシリーズ第3作の公開第一週の週末興収は、前2作を上回る好成績だ。

8月2日に同作のための来日記者会見にマタニティ・ドレスで登場し、報道陣を驚かせたミラは現在妊娠中。当初は「こんな大きなお腹でプロモーションしたら、映画にとって逆効果かも?」と気にしていたそうだが、封切り前日の20日に行われたラスベガスでのプレミア上映にも元気いっぱいで出席。

アンダーソン監督にとってもミラにとっても初めての子供の性別は、すでに女の子と判明している。出産予定は11月。11月3日からの日本公開と愛娘誕生が重なるかも?



9月20日に開催された『バイオハザードIII』のラスベガスプレミアにて共演のオデット・フェールと。

© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top