「痛いのもジェットコースターも苦手」な小栗旬がバリバリの不良に変身!

最新ニュース

『クローズ ZERO』完成会見。右から三池崇史監督、高岡蒼甫、黒木メイサ、山田孝之、小栗旬、やべきょうすけ、高橋ヒロシ(原作者)、山本又一朗プロデューサー
  • 『クローズ ZERO』完成会見。右から三池崇史監督、高岡蒼甫、黒木メイサ、山田孝之、小栗旬、やべきょうすけ、高橋ヒロシ(原作者)、山本又一朗プロデューサー
  • ドラマなどでの爽やかな役柄から一転、不良役を演じた小栗旬
  • ひげを生やし、ワイルドな風貌で会見に現れた山田孝之
筋金入りの不良どもが集い、覇を競い合う鈴蘭男子高校。いまだかつて誰も成し遂げたことのない鈴蘭制覇を巡る、男たちの戦いの行方は——? 累計発行部数3,200万部を誇る伝説的不良漫画「クローズ」の映画化作品『クローズ ZERO』。9月26日(水)、本作の完成記者会見が行われ、三池崇史監督、原作者の高橋ヒロシ、山本又一朗プロデューサーに、主演の小栗旬をはじめ山田孝之、黒木メイサ、やべきょうすけ、高岡蒼甫らキャスト陣が出席した。

鈴蘭完全制覇の野望を胸に秘め、転入してくる主人公・滝谷源治に扮した小栗さん。ドラマなどで見せてきた爽やかなイメージから一転、こめかみの毛を剃って演じた源治役について「僕が、かつて憧れていたけどなれなかった、ムチャクチャかっこいい高校生像を演じることができて気持ち良かったです。自分勝手でワガママなところは僕と同じで、演じやすかったですね」と笑顔で語ってくれた。激しい喧嘩のシーンは本作の大きな見どころだが「基本的に痛いのは嫌いなんですが…毎日痛かったです」と苦笑い。撮影については「毎日がむしゃらに生きさせてもらった、という感じですね。体の奥から震えがくるような毎日でした」と充実した日々をふり返った。

原作、映画を通じて「クローズ」史上初の女性登場人物・ルカを演じた黒木さんは、小学生のときから原作を愛読していたという。「(原作の主人公である)坊屋春道は、私がこれまで生きてきた中で一番の理想の男なんです」。残念ながら映画には春道は登場しない。司会者が「では今回の映画の中では源治が…」と水を向けるも「私の一番は坊屋春道です」とピシャリ。これには小栗さん、ちょっぴりガックリ?

撮影は2か月にわたって大阪で行われた。やべさんは「熱いキャスト、スタッフとの出会いがあり、あっという間の2か月でした。毎日、疲労困憊でホテルに戻るのですが、レモンサワーを買って、夜な夜な誰かの部屋でその日の撮影や、作品についてみんなで話し合いました」と大阪の夜をふり返った。

続いて高岡さんは撮影がオフの日のエピソードを披露してくれた。「大阪ということで、みんなでミナミに通天閣、甲子園、エキスポランドなど、何しに行ってたんだ(笑)? というくらい、いろんなところに行きました」。筋金入りのワルどもがエキスポランド…ちょっと想像しがたいが、小栗さんからは「無理やりジェットコースターに乗せられました。完全にいじめですよね…」という訴えも飛び出し、会見場は笑いに包まれた。

源治の最大のライバルであり“百獣の王”の異名をとる芹沢を演じた山田さん。役作りにおける苦労について「みんなが喧嘩して殴り合う中で、この人はダントツで強い、というのをどう見せるかをずっと考えてました。余裕があるというのを表情で表現するために、目を半開きにするなどの工夫をしました」と明かした。アクションシーンでは、思わず拳が入ってしまったこともあったというが「顔以外は遠慮せずに(拳を)入れていこうという了解のもと、思い切ってやりました」とさばさばした様子で語ってくれた。

三池監督はこの、若いながらも実力を備えたキャスト陣について「嫉妬しちゃいますね(笑)。“後悔だけはしたくない”という気持ちで、みんな肉体的には辛い中、楽しみながら撮影に参加しているのが感じられました」と目を細める。

山本プロデューサーは映画化実現までの苦労に触れつつ「これは、不良たちの映画ですが、この中には弱いものいじめする奴なんて一人もいません。自我が芽生えた青年たちが、鉄拳一つを頼りに自分の座る場所を探し出そうとする映画」と、その中身に胸を張る。映画化に当たり「原作をそのまま映画にするのではなく、一度壊して『三池クローズ』を見せてほしい、とお願いした」という高橋さんも、完成した作品について「本当にかっこいい映画」と太鼓判を押す。

拳でしか語ることのできない男たちの熱きドラマ『クローズ ZERO』は10月27日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top