ケイト・ブランシェット、役にのめりこみすぎて、夫に敬遠された!?

最新ニュース

ニューヨーク映画祭に出席した『I'm Not There』のケイト・ブランシェットとミシェル・ウィリアムズ -(C) Getty Images/AFLO
  • ニューヨーク映画祭に出席した『I'm Not There』のケイト・ブランシェットとミシェル・ウィリアムズ -(C) Getty Images/AFLO
9月28日から開催中の第45回ニューヨーク映画祭で、10月4日に『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ監督の新作『I'm Not There』(原題)が上映され、監督やキャストが出席した。

音楽界の生ける伝説、ボブ・ディランの半生を6人の男優・女優が演じるというユニークな作品で、この日はディランを演じた俳優は出席者と欠席者が半々。会場には3人のディラン(リチャード・ギア、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン)とケイトが演じるディランと恋に落ちるモデル役のミシェル・ウィリアムズが登場。

紅一点で'60年代のディランを演じたケイトは役作りにのめりこむあまり、歩き方や仕草が男っぽくなり、「夫(脚本家のアンドリュー・アプトン)が近寄ろうとしなくなったの」だそうだ。

ちなみにディラン役者の欠席組はクリスチャン・ベール、ベン・ウィショー、そしてミシェルと破局したばかりのヒース・レジャーだった。



10月4日、ニューヨーク映画祭に出席したケイト・ブランシェットとミシェル・ウィリアムズ。

© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top