堀北真希、今度は本物の男役に挑戦!? 「力作です!」と語る注目の最新作とは…?

最新ニュース

『東京少年』完成披露記者会見にて(平野監督、堀北さん、石田さん、丹羽プロデューサー) 
  • 『東京少年』完成披露記者会見にて(平野監督、堀北さん、石田さん、丹羽プロデューサー) 
もしも自分の中に、男と女2人の存在がいるとしたら…。そして、もしもその2人が恋に落ちてしまったとしたら——。「クロサギ」や「輪舞曲」など数多くのドラマをヒットに導いてきた平野俊一が、主演に人気絶頂の堀北真希を迎えて贈る初の長編映画『東京少年』。10月4日(木)、100名以上のマスコミが駆けつける中、本作の完成披露記者会見が行われ、平野監督、堀北さん、共演の石田卓也、プロデューサーの丹羽多聞アンドリウが出席した。

自分の中に潜む少年・ナイトに恋する少女・みなと、という困難を極める二重人格役に挑戦した堀北さん。「いつかラブストーリーができたらと思っていたけど、まさか相手が自分だとは思ってませんでした!」とさすがに驚きを隠せなかったそう。特にナイトを演じる上で葛藤が多かったと言う。堀北さんといえば、高視聴率ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」でも男子生徒になりすます女の子を演じたばかり。相次ぐ男子役に抵抗はなかったのだろうか? 「ドラマは男装で、この映画より前に撮っているし、今度は“男役”だから芝居が重なるということは全くなく、違う気持ちで取り組みました。役作りは特に何かをしたわけではないですが、象徴的な男性らしい仕草を意識して演じました」。

二重人格だと気づかないまま、現実の世界でみなとが恋に落ちる少年・ショウに扮した石田さんは、「撮影中は『自分はどうしたらいいんだろう』とすごく悩んで、本当に大変でした」と撮影をふり返った。「特に、ナイトと殴り合いのケンカをするシーンは、(堀北さんとの)力のバランスがうまく取れずに、何回も撮り直して苦労しました」と堀北さん同様、役作りでの葛藤があったようだ。

そんな2人とは対照的に、リラックスして撮影に取り組めたと言う監督。「台本の芝居が終わっても、いたずらにカメラを回し続けて2人の演技を楽しみながら、いたずらにカメラを回していたような気がします。3人(みなと、ナイト、シュウ)のバランスがいい感じに仕上がりました」。続く丹羽プロデューサーも「堀北さんは一皮剥けて、すごくいい演技をしてくれた。“絶対に逢えない2人”を描いた作品でこれまでに類を見ない純愛映画です!」と堀北さんの演技を大絶賛した。

おすすめシーンとして「みなとがナイトに鏡越しでキスをするシーンがあるのですが、すごくいいシーンで本当に切なかった」と堀北さんが語る『東京少年』は、来年2月2日(土)より新宿トーアほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top