チャリティ活動の一環でキルステン・ダンストら、3人の女優が短編映画で監督デビュー

最新ニュース

短編で映画監督デビューを果たした(左から)キルステン・ダンスト、リタ・ウィルソン、ケイト・ハドソン
  • 短編で映画監督デビューを果たした(左から)キルステン・ダンスト、リタ・ウィルソン、ケイト・ハドソン
アメリカの女性誌「Glamour」が、読者の体験談をもとに、ハリウッド女優たちを監督に据えて短編映画を撮るという企画“The Glamour Reel Moments”のパーティが10月9日、ロサンゼルスの全米監督協会本部で開かれ、初めて映画監督に挑戦した3人の女優、キルステン・ダンスト、ケイト・ハドソン、そしてリタ・ウィルソンが顔をそろえた。

グウィネス・パルトロウやジェニファー・アニストン、ブライス・ダラス・ハワードらが過去に参加したこの企画の今年のテーマは「幸福」。キルステンの『Welcome』(原題)にはウィノナ・ライダー、リタの『The Trap』(原題)にはカミーラ・ベルが出演、ケイトの『Cutlass』(原題)に至っては、ダコタ・ファニングやヴァージニア・マドセン、ケイトの義父カート・ラッセルという豪華なキャスト。

上記の3作品はオンライン上(glamourreelmoments.com)で公開され、収益金はアフリカの難民キャンプで教育のための映画上映を行うNPO団体「Filmaid International」に寄付される。



左からキルステン・ダンスト、リタ・ウィルソン、ケイト・ハドソン。

© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top