ウィノナ・ライダー、L.A.で'80年代が舞台の群像劇を撮影中

最新ニュース

ロサンゼルスで撮影中のウィノナ -(C) Splash/AFLO
  • ロサンゼルスで撮影中のウィノナ -(C) Splash/AFLO
ウィノナ・ライダーが最新作『The Informers』(原題)をロサンゼルスで撮影中だ。『レス・ザン・セロ』、『ルールズ・オブ・アトラクション』、『アメリカン・サイコ』の原作者ブレット・イーストン・エリスが'95年に発表した短編集「インフォーマーズ」の映画化で、1980年代のロサンゼルスが舞台。

ウィノナは、ビリー・ボブ・ソーントン扮する映画会社重役と長い不倫関係の末に捨てられたニュースキャスターを演じる。重役夫人役はキム・ベイシンガー。この3人以外にもユニークなキャラクターが登場する群像劇で、ミッキー・ロークが誘拐犯、アシュレイ・オルセンがロックスター、『スーパーマン リターンズ』のブランドン・ラウスがヴァンパイアを演じる。

監督は『戦争のはじめかた』『ケリー・ザ・ギャング』のグレゴール・ジョーダン。ロサンゼルスのほかに、ブエノスアイレスやウルグアイでのロケも予定している。



ロサンゼルスで新作を撮影中のウィノナ。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top