リース・ウィザースプーン、ジェイク・ギレンホールと一緒にプレミア上映に出席

最新ニュース

ローマ国際映画祭に出席した(左から)リース・ウィザースプーン、ギャヴィン・フッド監督、ジェイク・ギレンホール
  • ローマ国際映画祭に出席した(左から)リース・ウィザースプーン、ギャヴィン・フッド監督、ジェイク・ギレンホール
18日から27日まで、と東京国際映画祭とほぼ重なる期間に開催中の第2回ローマ国際映画祭。21日にはリース・ウィザースプーンとジェイク・ギレンホール主演の『Rendition』(原題)がプレミア上映され、ギャヴィン・フッド監督と共に主演の2人もレッドカーペットに登場した。

『Rendition』は、エジプト出身の夫がテロリストと疑われてCIAに拘束されてしまった女性が主人公の政治スリラーで、リースはヒロインのイザベラを、ジェイクはCIAエージェントを演じる。

リースはライアン・フィリップとの離婚が成立したばかり。昨年11月にライアンと別居した直後からジェイクとのデート現場も目撃されていたが、リースは恋の噂はきっぱり否定。「ジェイクのことは友達を通して何年も前から知ってるし、優しくて面白い人。また共演できたら嬉しいわ」と、あくまで共演者、友人という立場を強調した。



10月21日、第2回ローマ国際映画祭のレッドカーペットに登場したリースとジェイク。2人の間にいるのは、ギャヴィン・フッド監督。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top