【東京国際映画祭レポートvol.17】豪華ゲスト勢揃い! 香港映画祭熱狂の開幕!

最新ニュース

「香港国際映画祭」オープニング。左からツイ・ハーク監督、リンゴ・ラム監督、ジョニー・トー監督、ルイス・クー、ニコラス・ツェー、ジェイシー・チェン、ショーン・ユー
  • 「香港国際映画祭」オープニング。左からツイ・ハーク監督、リンゴ・ラム監督、ジョニー・トー監督、ルイス・クー、ニコラス・ツェー、ジェイシー・チェン、ショーン・ユー
  • 大歓声に迎えられたニコラス・ツェー
  • 兄弟のような仲の良さを感じさせたジェイシー・チェンとショーン・ユー
香港の中国返還10周年を記念して、東京国際映画祭の提携企画として開催される「香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVAL」。10月23日(火)に本映画祭が開幕を迎え、Bunkamura オーチャードホールにてレッドカーペットイベントとオープニングセレモニーが行われた。会場にはゲストとして、オープニング上映作品の『鐵三角 TRIANGLE』からツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トーという3人の監督と主演のルイス・クーが、そして24日(水)に上映される『男兒本色』からニコラス・ツェー、ジェイシー・チェン、ショーン・ユーの3人が来場した。

大勢の観客が待ちわびる中、大型のリムジンが到着し、香港を代表するスター、監督たちが次々とレッドカーペットを歩いたが、中でも一番人気はやはりこの人、ニコラス・ツェー。日本のファンの大歓迎に手を振って応えた。オープニングセレモニーでは「またみなさんにお会いすることができて嬉しいです」と笑顔で挨拶。プライベートでは、ニコラスは8月にパパになったばかりだが、司会者がそのことに触れると会場からは割れんばかりの祝福の拍手が。これにはニコラスも「ありがとうございます。何で知ってるの? それは映画と関係ないでしょ(笑)」と日本語を交えながら照れくさそうに語った。『男兒本色』の劇中では激しいアクションを披露しているが「自分にとっては、激しい動きのないドラマの部分もアクションの一部であり、逆にアクションシーンもドラマの一部であると考えています。だから『このアクションシーンが見どころ』という風に一部だけに注目するのではなく、映画全体を楽しんでください」と呼びかけた。

オープニング作品である『鐵三角 TRIANGLE』は、3人の監督がリレー形式で一つの物語を繋いでいくという一風変わった作風。おまけに自分が担当する部分以外のことは、残りの2人は全くタッチせずに製作されたのだとか。この企画を思いつき、最初の3分の1を担当したツイ・ハーク監督は「難しい課題をいっぱいリンゴとジョニーに残してやろうと考えたんだよ」と笑うが、リンゴ・ラム、ジョニー・トー両監督は「すでに前のストーリーでしっかりした物語と人物像ができていたので、やりやすかったです」と口を揃えた。ちなみにジョニー・トー監督が完成させた作品を残りの2人が初めて観たのはカンヌ国際映画祭の場だったとか。主演のルイスは3人の異なる監督の下、さぞ苦労が…と思いきや「役者として貴重な経験ができました。3人の素晴らしい監督によって、それぞれ異なるスタイルで物語が紡がれていくのをぜひ楽しんでもらいたいです」と笑顔で語った。

先述のニコラスに負けず劣らずの大歓声で迎えられたのが『インファナル・アフェア』シリーズや『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』などで日本のファンのハートをがっちり掴んだショーン・ユー。開口一番「ショーン・ユーです。よろしくおねがいします」と日本語で挨拶してくれた。隣のジェイシーはやや緊張気味。ジャッキー・チェンという偉大な父の存在もあって、ジェイシーの初のアクション映画出演に否が応にも注目が集まるが「監督、共演者の方々に本当にいろいろと助けていただきました。初めてアクション映画に参加してみて、ニコラスとショーンを尊敬する気持ちがますます強くなりました」と謙虚なコメント。3人の人気俳優が共演するとあって、現場で互いにライバル心を感じることは? という質問がなされたが、ショーンはこれを一笑。「僕ら3人はこの作品のずっと前から友達同士だし、現場でも、撮影の合間に暇になると『何しようか?』って話をするような仲。互いをライバル視するような気持ちはないよ」とのこと。実際、舞台上でも何やら3人でささやき合ったり、からかったりと仲の良さが感じられた。

香港映画祭は25日(木)までの日程で、Bunkamura オーチャードホールにて開催中。

「香港映画祭 HONG KONG FILM FESTIVAL」
http://www.int-acc.or.jp/hkff/

「東京国際映画祭特集」
http://blog.cinemacafe.net/tiff2007/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top