【東京国際映画祭レポートvol.21】市原隼人&関めぐみが“飛んだカップル”?

最新ニュース

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』キャスト陣と監督…とチェーンソー男
  • 『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』キャスト陣と監督…とチェーンソー男
  • 金髪姿で登場し歓声を浴びた市原隼人
  • 飛びまくってアクションに目覚めた? 関めぐみ
何の変哲もない平凡な高校生活の風景に、突如として入り込んできた謎の“チェーンソー男”。一体全体何者で、おれは何のためにこいつと闘ってるんだ——? 滝本竜彦による同名ベストセラーを原作に、不条理かつファンタスティックな要素を取り入れて、漠然とした不安や苛立ちといった青春時代の感情を切り取った『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』。日本映画・ある視点部門に出品された本作のワールドプレミア上映が10月25日(木)に行われ、上映前の舞台挨拶に主演の市原隼人、関めぐみ、浅利陽介、北村拓司監督、そして正体不明のチェーンソー男が登壇した。

主人公の高校生・山本陽介を演じた市原さん。まずはどうにも気になる、チェーンソーを持って端に並ぶ男の存在に触れ「劇中のチェーンソー男がどういう意味を持って出てくるのか? その意味がいつどうやってわかるのか? そこに注目して楽しんでいただければと思います」と語る。この日の上映が正真正銘の初のお披露目となるが「嬉しいです。音楽も最初のシーンから音に揺られるような感じで楽しいですし、チェーンソーの音もすごいですよ。CGも素晴らしいので、大きなスクリーンで観ると迫力があります」とこれから作品を鑑賞する観客の期待を煽る。見どころを尋ねられると「(チェーンソー男を指して)彼の渋さと、激しいアクションシーンですね。ワイヤーで10メートル以上の高さで吊られているところもあります」と自信を持って語ってくれた。ちなみにこの舞台挨拶中、どんなに自身について言及されようが、チェーンソー男は一貫して無言。何とか言葉を引き出そうとするとチェーンソーを振り上げる始末。

そんなチェーンソー男の横でややビビり気味の浅利さん。「僕もCG使ってもらいたかったし、アクションもやりたかったんですけど、そんなシーンは一切なく…(笑)。でもこれだけは言いたいんですが、途中で流れる歌は誰が歌っているのか? そんなことも考えながら楽しんでいただきたいと…まあ、僕が歌ってるんですけど」と微妙な存在感をアピールし会場の笑いを誘った。

陽介の前に現れる制服姿のこれまた謎の美少女・絵理を演じた関さんは「やっとみなさんにこの作品を観ていただける日がやってきました」と感慨深げ。関さんが挙げてくれた一番の見どころは、市原さんと同じくアクションシーン。「これほど飛んだことはないだろう、というくらい…まあ普段飛ぶことってないでしょうけど(笑)、すごく飛びました! いろんな場所で飛んでます。立ち回りなんかもあって、(アクションに)ハマリました」と笑顔で答えてくれた。

本作が初の長編作品となる北村監督は「氷点下に達するような寒さの中で水中に入ってもらったり、ナイターの撮影が多かったりと、本当に撮影は大変でした。過酷な中でスタッフ、キャストが一丸となってがんばってくれたおかげで、クオリティの高い娯楽作品が出来ました。“娯楽作品”とは言いましたが、作品のテーマ自体は、娯楽とは真逆のところに隠れていたりします」と思わせぶりなコメントを残してくれた。

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』は1月中旬よりシネ・リーブル池袋、新宿ジョイシネマ、渋谷Q-AXシネマほか全国にて公開。

「東京国際映画祭特集」
http://blog.cinemacafe.net/tiff2007/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top