映画技師と不良、役柄は違えど邦画を引っ張る若き2人がシネマカフェにメッセージ!

最新ニュース

シネマカフェ10周年お祝いメッセージ第2弾
  • シネマカフェ10周年お祝いメッセージ第2弾
迫る11月14日(水)に10周年を迎えるシネマカフェ。これを記念し、過去10年の映画史とシネマカフェの歴史をふり返る、シネマカフェ10周年特集が先週よりスタート。第2週目を迎え、'00年から'02年までの映画史の登場に、第1弾の豪華な顔ぶれに加え新たな2人から届いたお祝いメッセージ第2弾が公開された。

第1弾の海外組、オドレイ・トトゥ、ザック・エフロン、フレディ・ハイモア、メルヴィル・プポーの4人に加え、今週は日本映画界でいまや引っぱりダコの2人が登場。一人目は、先日公開されたばかりの『オリヲン座からの招待状』で、愛する女性と映画館を一途に守り抜く男・留吉を繊細に演じた加瀬亮。そして2人目は、大ヒット公開中の『クローズ ZERO』で主人公のライバルとなる最強、最悪の不良・芹沢多摩雄役に体当たりで挑戦し、新たな一面を見せた山田孝之である。

'00年から'02年をふり返る映画史では、日本の興行記録を塗り替えた大ヒットジブリ作『千と千尋の神隠し』や、飛躍的な成長を見せるハリーと仲間たちの初々しい姿が懐かしい『ハリー・ポッターと賢者の石』を始め、誰しもどれかひとつは思い入れがあるはずの名作たちが登場。この「シネマカフェで見る映画10年」とともに、忘れかけた思い出の一片をたどってみては?

シネマカフェで見る映画10年
http://www.cinemacafe.net/special/10th/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top