堤真一も完成作にびっくり! 今年の正月映画最強作品? 『魍魎の匣』プレミア

最新ニュース

『魍魎の匣』ジャパンプレミア。堤真一を始めとするキャスト陣に原田眞人監督、原作の京極夏彦など総勢11名が登壇した。
  • 『魍魎の匣』ジャパンプレミア。堤真一を始めとするキャスト陣に原田眞人監督、原作の京極夏彦など総勢11名が登壇した。
  • 「自分で観ておったまげた」と語る堤真一
  • 前作に引き続き探偵・榎木津を演じた阿部寛と謎を秘めた・陽子を演じた黒木瞳
京極夏彦の人気シリーズの中でも、高い人気を誇りながらも映像化不可能と言われていた小説「魍魎の匣」を原田眞人監督が完全映画化。ちょうど1年前に製作が開始された映画『魍魎の匣』がついに完成し、12月11日(火)にジャパンプレミアが開催された。上映前の舞台挨拶に原田監督、そして堤真一を始め椎名桔平、阿部寛、黒木瞳、田中麗奈、宮藤官九郎、柄本明、寺島咲、谷村美月ら出演陣、そして原作者・京極夏彦の総勢11名が登壇した。

主人公の京極堂を演じた堤さんは「僕自身、完成した作品を観ておったまげました。こんなにおもしろい作品になるとは思わなかったです…ってそういう言い方はおかしいか(笑)。とにかくびっくりです。楽しんで観てください」と挨拶。ちなみに堤さんと椎名さん、阿部さんの3人は同い年とあって現場でも仲が良かった様子。京極堂の友人で作家の関口に扮した椎名さんは「劇中では僕が何かと気を遣う役なんですけど、現場でもいろいろと気を遣ってあげましたよ(笑)」とのこと。阿部さんは「僕はどちらとも共演したことがあるんですが、2人一緒は初めてなので、どんなバトルがあるのかと期待してたんですが、仲良くなっちゃってつまんなかったですね」と残念そう。同い年と言えば、寺島さんと谷村さんも同い年。この日は揃って劇中の制服姿で登場した。ともに緊張した面持ちで「こんなに多くの役者さんたちとの共演は初めてで、現場自体がまるで映画のようでした」(寺島さん)、「すごく素敵な役者さんたちとお芝居が出来て嬉しかったです」(谷村さん)と語ってくれた。

田中さんは前作に引き続き京極堂の妹・敦子を演じたが「完成した作品を観て、『映像ってこんなに素晴らしいんだ、お芝居ってこんなにワクワクさせられるんだ!』っていう発見がいっぱいあり、本当に素晴らしい経験をさせていただきました」と充実した表情で語った。

宮藤さんは「事件の鍵を握っております…。忘れないでください、鍵を握っておりますのでひとつよろしくお願いします」と必死に存在をアピール。

続いてマイクを握った柄本さんは「映画には製作費がかかります! このキャスト、そして監督にはかなりお金がかかってます。では、どうやってお金を回収するかというとお客様からなわけです(笑)。というわけでみなさんよろしくお願いします」と呼びかけ、会場の笑いを誘った。

人気絶頂の時に突然引退宣言をした伝説の女優・柚木陽子に扮した黒木さん。「この作品に参加して良かったことは漢字で“魍魎”と書けるようになったこと。逆に困ったことは箱が捨てられなくなったことですね。いま、私の家には様々な箱がありまして、箱にとり憑かれたひとりです(笑)」。そして堤さんら男優陣との共演に話が及ぶと「みなさん優しくてダンディーで、それからやんちゃで本当に可愛らしかったです」とコメント。これには男優陣一同照れ笑いを浮かべた。

原作者の方の京極さんは「出演された方がみなさん完成品を観て『びっくりした』とおっしゃってますが、一番びっくりしたのは僕ですよ! まさか10年も前に書いた小説がこんな風に映画になるなんて…」と興奮した様子で、満足そうな表情で語ってくれた。

原田監督が「今年の正月映画でワクワクさせられるのはこの映画だけです!」と自信を持って言い切る『魍魎の匣』は12月22日(土)より渋谷東急ほか全国松竹・東急系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top