「使命感というより京極堂にしっかり向き合った感じ」堤真一が語る『魍魎の匣』

最新ニュース

『魍魎の匣』 堤真一 photo:Yoshio Kumagai
  • 『魍魎の匣』 堤真一 photo:Yoshio Kumagai
  • 『魍魎の匣』 堤真一 photo:Yoshio Kumagai
  • 『魍魎の匣』 堤真一 photo:Yoshio Kumagai
累計500万部を超える京極夏彦による人気長編シリーズ「京極堂(百鬼夜行)シリーズ」『姑獲鳥の夏』に続く映画化第2弾作品『魍魎の匣』。前作に引き続き、主人公の京極堂・中禅寺秋彦を演じた堤真一に話を聞いた。

京極堂を“知識の代表”と表現する堤さんだが前作との違いについてはこう語る。
「今回は隙がありますからね。それが京極堂の特徴になっている。知識があるからこそ隙が見えるというか」。

確かに前作よりも京極堂に人間らしさが感じられた気がするが…。
「原田(眞人)監督、それから椎名さんが演じた関口が、京極堂のそういう部分を引き出してくれましたね。椎名さんが関口を、どんくさいけどどこか憎めない、愛されキャラとして作ってくれたおかげで非常にやりやすかったです。アドリブの部分が何か所かあったんですけど、そこで僕にふることで、京極堂の個性や他のキャラクターとの関係性が生まれてきましたね」。

こうした違いはアプローチの方法にも現れている。
『姑獲鳥の夏』のときはとにかくあの膨大なセリフの量をこなさなくちゃ、という使命感が強かったんですね。今回は使命感というより、京極堂にしっかりと向き合って作るという感じでした」。

堤さんは京極堂とほかのキャラクターの関係性を物語の魅力として挙げる。
「確かに事件が物語の中心にあるんですが、そのことはあまり重要ではなくて、京極堂と友人たちとの関係性が面白いですね。この友人関係があって、その中でたまたま事件が起きてる。『しょうがないなぁ』と言って動き出す感じですね。実際、京極堂はそんな面倒見がいいというような人物じゃなくて『こんなのほっとけよ』っていう感じの男ですよ(笑)」。

原作同様に映画に関してもシリーズ化を望む声は多い。もしも、別の監督が続編を作るとしたら堤さんは再び京極堂を演じてくれるのだろうか?
「どうなんでしょうかね? 正直な話、この作品を通じて出来上がったものもあるけど…。でも、もし3作目をやるという話になったら原田さんが『おれがやる!』って言い出しそうな気がしますけどね。そうなったらそのときは、僕も椎名さんも阿部さんも田中さんも『もちろん出演します』ってなると思いますね(笑)」と前向き。
「どうなんでしょうかね…? シリーズにしていくのが良いことなのかどうか…。ただ、今回のこのメンツに関しては楽しかったです!」



公式サイトにて“ハコの中には何がある??”キャンペーン実施中!
キーワードを集めて豪華プレゼントに応募しよう!
シネマカフェからのキーワードは「が」「た」
http://www.mouryou.jp/5site_campaign/index.html
《photo:Yoshio Kumagai》

関連ニュース

特集

page top