映画よりもゆるい? 『全然大丈夫』プレミア試写会舞台挨拶に荒川良々&木村佳乃

最新ニュース

木村さん扮するあかりの好物のちくわで書かれた看板を手にする荒川良々と木村佳乃
  • 木村さん扮するあかりの好物のちくわで書かれた看板を手にする荒川良々と木村佳乃
  • 期待通りのゆるい雰囲気を醸し出してくれた荒川良々
  • 荒川さんに負けず劣らずゆるい雰囲気の木村佳乃
世間からちょっぴりはみ出した男女3人の、ありえないほど不器用な三角関係を描いた『全然大丈夫』。1月9日(水)、本作のプレミア試写会が開催され、主演の荒川良々と木村佳乃が上映前の舞台挨拶に登壇した。

この日は舞台挨拶の開始前に、本作の音楽を担当したハワイアン・バンド「エコモマイ」が登場し、劇中でも使われている「Day dream」を演奏。ウクレレ、ギター、ウッドベースで奏でられる優しい音色に観客は耳を傾けた。

続いて荒川さんと木村さんが登場。まずはつめかけた観客への挨拶を求められた荒川さんはひと言「あけましておめでとうございます」。数秒の沈黙の後、司会者の「そ、それだけですか?」という言葉に「はぁ」と頷くと、そのやりとりだけで会場は笑いに包まれた。初共演となった木村さんの印象を聞かれると「非常におきれいな方で、緊張しながら共演させていただきました」とかなり緊張した声で語る荒川さん。木村さんも荒川さんについて「とても優しくて、場の空気を読める繊細な方でした」と語った。このやり取りだけを見ていると微妙な距離を感じる2人だが、実は荒川さんは初対面から木村さんに“良々”と呼び捨てにされていたとか。荒川さんが出演する舞台を木村さんが見に行き、楽屋で対面したということだが、荒川さん曰く「舞台が終わって楽屋でタバコ吸ったりしてたら、ものすごく高いテンションで木村さんが入ってきました」とのこと。そこでいきなり呼び捨てで呼ばれたというが、木村さんは全く覚えていないらしく「本当に私、そんなことしました? 初対面でそれはありえないですよ!」と言うも荒川さんは冷静な口調で「しました」とピシャリ。

撮影中には荒川さんが木村さんに「がんばりましょう!」と語ったという、にわかには信じがたいエピソードも明かされた。木村さんによると「私の役は対人恐怖症の気がある女の子なんですが、すごく難しくていつも監督にダメ出しされてたんです。めげていたときに良々が励ましてくれたんですよ」ということ。ちなみにこの発言については、荒川さんの方があまり覚えていない様子で首をかしげていた。

思わず憩いを感じる瞬間は? という質問への木村さんの答えは「ごはんを食べているときと掃除をしているとき」。「やればやっただけ目に見えて結果がついてくる」(木村さん)ということで掃除に憩いを感じるという女性が意外と多いのだとか。ちなみに荒川さんは予想通り(?)「休みの日に家でボーっとしたり、散歩したりするとき」というお答え。荒川さんが憩っている光景が思わず目に浮かんできそう。続いて荒川さんに、木村さんが演じたあかりのような不器用な女の子をどう思うかと聞いてみると「不器用な女の子は好きですよ。(恋に落ちる可能性は)ありますね」とのこと。最後に2人に今年の抱負を尋ねた。木村さんは「3月に舞台に出演するんですが、2月に同じ場所で良々も舞台に出るんですね。これを観に行こうかと…」とポツリ。というかこれは抱負? 荒川さんは「一日一日を大事に、一生懸命生きていこうと思います」と、この舞台挨拶の中で一番キッパリとした口調で語ってくれた。というのも「これを聞かれたらこう答えることにしている」(荒川さん)からだとか…。ひょっとしたらこれから上映される映画よりもゆるいのでは? と感じさせる雰囲気のまま、舞台挨拶は幕を閉じた。

『全然大丈夫』は1月26日(土)よりシネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top