こちらは無事に授賞式開催。オスカーのゆくえを占う放送映画批評家協会賞

最新ニュース

放送映画批評家協会賞授賞式に出席したブランジェリーナ -(C) Splash/AFLO
  • 放送映画批評家協会賞授賞式に出席したブランジェリーナ -(C) Splash/AFLO
脚本家組合のストライキの影響で13日のゴールデン・グローブ賞授賞式の中止が発表される中、7日に第13回放送映画批評家協会賞(BFCA)の授賞式がカリフォルニア州サンタモニカのシヴィック・オーディトリアムで無事行われた。BFCAとアカデミー賞は受賞結果が重なることが多く、オスカー前哨戦として注目されている。

脚本家組合へのサポートとして、ゴールデン・グローブ賞授賞式欠席を表明していたスターたちだが、『マイティ・ハート/愛と絆』で最優秀主演女優賞候補になったアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット、『フィクサー』で主演男優賞候補になったジョージ・クルーニー、同賞を受賞したダニエル・デイ=ルイス(『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(原題)』)をはじめ、華やかな顔ぶれがそろった。

最優秀作品賞は、オスカーの呼び声も高い『ノーカントリー』。同作は最優秀助演男優賞(ハビエル・バルデム)や最優秀監督賞(コーエン兄弟)も受賞した。最多7部門にノミネートされたショーン・ペン監督の『イントゥ・ザ・ワイルド(原題)』は残念ながら無冠に終わった。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top