「高校生が一番迷うし、将来も分からない」市原隼人、高校生の微妙な心理を語る

最新ニュース

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』初日舞台挨拶にて(左から)チェーンソー男、三浦春馬、浅利陽介、市原隼人、関めぐみ、北村拓司監督
  • 『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』初日舞台挨拶にて(左から)チェーンソー男、三浦春馬、浅利陽介、市原隼人、関めぐみ、北村拓司監督
  • 『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』初日舞台挨拶 三浦春馬、浅利陽介
  • 『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』初日舞台挨拶 市原隼人、関めぐみ
映像化を待望されつつも、ビジュアル化が難しいと言われていた滝本竜彦のベストセラー小説「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」。青春時代のもどかしさや人生への焦燥感を鮮やかに切り取った本作が映画化された。手がけたのは、CMディレクターとして活躍していた北村拓司監督。その卓越したビジュアルセンスと演出力で、見事にスクリーンに映し出された『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』が1月19日(土)に初日を迎え、北村監督、市原隼人、関めぐみ、浅利陽介、三浦春馬、そして謎のチェーンソー男が舞台挨拶に登壇した。

かっこよく死にたいと思っている平凡な高校生・山本陽介を演じた市原さん。「山本陽介って、将来のビジョンも夢もない。しかも渡辺という自分と同じ考えのレベルのヤツがいて、こいつがいるからいいや、って思ってるんです。そんな中、憧れていた能登が死んで、そして渡辺までもまた自分の憧れる存在になってしまった。僕も中学校や高校生のときに同じような気持ちを持ってました。高校生って一番迷うし、将来も全然分からないし、どう生きていいかも分からないし、人とどうしゃべっていいかも分からない。でも、必死に背伸びしたくて、でも、どうしようかな、みたいな。そういう時代が一番楽しかったので、高校生役ができて嬉しかったです。いつも遊んでる友達のことは尊敬しているので、その中に自分がいて、将来大丈夫かな、って思ったりしたこともあります。映画の中だったら能登だけど、自分だったら、じいちゃんとか、知り合いが死んだこと。自分の人生の経験の中で、探ってできればいいなと思いました」と陽介役について語ってくれた。

そんな陽介が出会う、“謎のチェーンソー男と闘う制服の美少女戦士”絵理を演じた関さんはワイヤーアクションについて、こう話してくれた。「(ワイヤーアクションは)楽しかったです。撮影期間は1か月くらいだったんですけど、ほとんど飛んだり、水の中を引っ張られたりとか、普通では体験できないようなことばかりだったので、貴重な日々でした。アクションは全部印象に残っていますが、やっぱり、時代村のシーンがすごく長くて、本当に何日も撮影期間があったので、一番印象に残っています」。

本作のメガホンを取った監督は、「この4人が本当にイキイキと、映画の中で生きてくれた」とコメント。「この原作は、ビジュアルはすごくエンターテイメントなんです。けれどもテーマがエンターテイメントの陰に隠れているという二重構造になっているんです。それは主人公(山本陽介)のキャラクターと同じ構造になっていたりもするんですけど、それがリアルだなと思って、そこを意識しました」と撮影する上で、こだわった点を挙げてくれた。

陽介の同級生であり、憧れの存在である能登役の三浦さんは、「この作品で僕は初めて金髪にさせていただいてすごく新しい自分に出会えたというか、すごく楽しかったし、良い経験になりました」と挨拶。登場シーンは少ないが、強烈なインパクトを残すキャラクターだ。「共通する点は、あまりなかったんですけど、共感というか、すごいなと思うのは、何かに真正面からぶつかっていく姿勢、向かっていく気持ちがすごく強い男の人なので、そういうところがスゴイかっこよく見えました。隼人くんが演じた陽介も、その向かっていく気持ちに惹かれて、能登に憧れるという感じでしたし、そういう能登の生き様がすごく好きでした」と、能登というキャラクターを演じた感想を述べた。

陽介の親友・渡辺を演じた浅利さんは「この初日に、みなさんに観ていただくことを待ち望んでいました!」そう。「撮影現場では、自由にやらせていただいた感じがすごくありました。ちょっとやりすぎたんじゃないかと思ったりもしたんですけど、出来上がった作品を観て、能登、渡辺、山本陽介、っていうその3人のキャラがとても上手いこと際立っていたので、良かったです」と、キャラクターについてコメントした。

懐かしくも新しい青春アクション映画『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』はシネ・リーブル池袋ほかにて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top