女性ファン首ったけの林遣都 好きなタイプは「ちーちゃんみたいな女の子」

最新ニュース

『ちーちゃんは悠久の向こう』初日舞台挨拶にて(左から)兼重淳監督、仲里依紗、林遣都
  • 『ちーちゃんは悠久の向こう』初日舞台挨拶にて(左から)兼重淳監督、仲里依紗、林遣都
オカルト好きで天真爛漫な少女・ちーちゃんと幼なじみのモンちゃんのファンタジックな恋愛を描き、高校生にして新人賞を総なめにした日日日(あきら)のデビュー作「ちーちゃんは悠久の向こう」。主演に仲里依紗と林遣都という若手注目株を迎えて、映像化された『ちーちゃんは悠久の向こう』が1月19日(土)に公開初日を迎え、兼重淳監督はじめ、仲さん、林さんが登壇した。またサプライズゲストとして、仲さん扮するちーちゃんの幼少時代を演じた永山菜々ちゃんも登壇し、兼重監督へ花束を贈呈。和やかなムードの中で舞台挨拶がスタートした。

この日、客席には中高生の女性が大勢つめかけ、会場は立ち見が出るほどの大盛況。さっそく登壇したキャストたちに、黄色い歓声が浴びせられた。これには仲さんが「モンちゃん(林さん)が入場したら、ギャー! って声が上がって、盛り上がってますね。見渡す限りモンちゃんファンで、立ち見のお客さんまでいて、感激です」と挨拶。自身が演じたちーちゃんについては「オカルト好きで、思い立ったら即行動というところが似ていて、でも女の子らしいところは全然似てません」と笑って話す仲さん。「すごくイイ映画なので、2回、3回、4回、5回とDVDが発売されるまで何回でも観て下さい。ブログとかでも応援してくれると嬉しいです」と観客に向けて大いにアピールした。

一方、熱い視線を一身に集めるモンちゃん役の林さんは、「今日観てくださったみなさん一人一人に感想を聞きたいです。初日を迎えられて、ホッとしています」とこちらも満面の笑み。撮影をふり返って「幼なじみという役だったので、仲さんとは仲良くなれて、素で演じることができました。助かりました!」と語った。気になる好きな女の子のタイプについては「ちーちゃんみたいなタイプの女の子が好きです。引っ張ってくれるところがいい。元気で、常識のある子がタイプです(笑)」という彼の言葉に、ドキリとした女性も多かったのでは?

「新人監督にしては、よく出来たなと思います。2人の演技が最高でした。2人が、キラキラしてて、初々しくて瑞々しくて、その鮮度をいかにフィルムに収めるかが、僕たちスタッフの仕事でした」と2人を絶賛する兼重監督。「これからも2人を応援してください。この映画は、リピーター大歓迎です。何回でも観てください」と温かい眼差しで締めくくった。仲さん、林さんのフレッシュな演技が魅せる『ちーちゃんは悠久の向こう』は、シアターN渋谷、シネマート新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top