竹内結子からの挑戦状? 『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会

最新ニュース

『チームバチスタの栄光』完成披露試写会の舞台挨拶に登壇したキャスト・スタッフ陣総勢11名
  • 『チームバチスタの栄光』完成披露試写会の舞台挨拶に登壇したキャスト・スタッフ陣総勢11名
  • 外科は全くの専門外、心療内科医の田口を演じた竹内さん
  • “へんな役”へのオファーが絶えない? 阿部寛
現役医師の手によるベストセラー小説を原作に、豪華キャストを配して贈る医療ミステリー大作『チーム・バチスタの栄光』。1月23日(水)、本作の完成披露試写会が開催され、上映前の舞台挨拶に主演の竹内結子に阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、佐野史郎、田口浩正、そして中村義洋監督に原作者の海堂尊が登壇した。

主人公の心療内科医・田口公子に扮した竹内さんは詰めかけた観客に向けて「朝から雪の降る寒い一日でしたが、こんなにたくさんの方に来ていただいて感謝しています。雪を見たらこの作品を思い出していただけるようになればいいな、と思います」と挨拶。ちなみに原作者の海堂さんによると「雪は吉兆!」だそう。「僕がこの作品で“このミステリーがすごい”大賞をいただいた授賞式の日は大雪でしたので、この映画もきっとすごいことになりますよ」と自信満々に語った。

この日は“チーム・バチスタ”の7人のうち残念ながら吉川晃司さんと田中直樹さんは欠席。5人が壇上に並んだがいずれのメンバーも怪しい…。中村監督が「犯人じゃない人にも『もっと犯人らしく演じて』と指示を出した」というのだから犯人を当てるのは簡単ではなさそう。その“チーム・バチスタ”の面々の挨拶で、まずマイクを握ったのは、病理医・鳴海を演じた池内さん。「この作品は笑いもあり、サスペンス的な要素もありで、何度も楽しめる作品になっていると思います。今日はいない吉川さんと田中さんも含めて、スクリーンの中ですごいことになっています」と面白さを保証。第二助手の酒井役の玉山さんも「“面白い”の一言に尽きます。新しいジャンルを切り開いた作品と言えると思います」と、こちらも自信満々に語ってくれた。

「あっという間の2時間になると思いますが犯人を探しつつ楽しんでください」と呼びかけたのは臨床工学技士・羽場を演じた田口さん。そしてチームの紅一点、看護師の大友役の井川さんは「私がチームに新たに加わってから術死が立て続けに起こってしまうんです」と意味ありげに語る。そして第一助手の垣谷を演じた佐野さんは「まあ、私はこういう作品に出るとだいたい“怪しい”と思われちゃうんですね」とニヤリ。

この個性派ぞろいの7人の中に潜む殺人鬼を、田口とともに探し出していくのが、破天荒な厚生官僚・白鳥圭輔。白鳥に扮したのは、原作ファンの間で以前から「映画化するならこの人!」と熱望されていたという阿部さん。ところが、当の阿部さんは「また変わり者役で、ちょっとショックです」と浮かない顔。「ぜひ犯人を探し出してみてください」と観客に向けて語ってくれた。

すでに9名が登壇していた舞台挨拶だが、この日はさらにサプライズが! 本作の主題歌「You're my sunshine」を歌う「EXILE」のHIROとATSUSHIが登場し、会場はさらに大きな興奮に包まれた。HIROさんは「このような素晴らしい作品にEXILEとして参加できたことを光栄に思います」と挨拶。ATSUSHIさんは「初の映画の主題歌ということで本当に嬉しく思っています。映画を観たんですが、曲のイメージと映画の雰囲気がぴったりだったので、良かったな、と安心しています」と、少々緊張した表情で語ってくれた。最後に竹内さんが「映画を観ながら、もしかしたらみなさんの方が、私より早く犯人にたどり着いてしまうかもしれませんが…。競争です!」と観客に挑戦状を叩きつけ、舞台挨拶は幕を閉じた。
『チーム・バチスタの栄光』は2月9日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top