竹野内豊7年ぶりの主演作『あの空をおぼえている』 平井堅の新曲が主題歌に!

最新ニュース

『あの空をおぼえてる』 (C)- 2008「あの空をおぼえてる」フィルムパートナーズ
  • 『あの空をおぼえてる』 (C)- 2008「あの空をおぼえてる」フィルムパートナーズ
  • 『あの空をおぼえている』 -(C) 2008「あの空をおぼえてる」フィルムパートナーズ
  • 『あの空をおぼえている』主題歌に決定した平井堅 「いつか離れる日が来ても」
娘を交通事故で亡くし、自責の念に苛まれる父親と、ひとり奇跡的に助かった兄とその母親。突然降りかかった不幸に負けることなく、懸命に生きる家族の姿を描いた感動作『あの空をおぼえている』が4月26日(土)より公開される。『冷静と情熱のあいだ』以来7年ぶりとなる竹野内豊の映画主演作となった本作の主題歌に、平井堅の新曲「いつか離れる日が来ても」(DefSTAR RECORDSより発売予定)が起用されることが決定した。

最近では、現在オンエア中のTVドラマ「ハチミツとクローバー」の主題歌(「キャンバス/君はス・テ・キ♡」ソニーミュージックより2月20日発売/1,223円<税込>)も手がけている平井さん。今回の映画主題歌への抜擢は、大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』『愛の流刑地』に続くものとなった。

これについて平井さんは「この映画のように家族であれ、恋人であれ、友人であれ、相手を思う気持ちが強ければ強いほど、抱える不安や怖れも大きくなる。光と陰のように。映画のストーリーがとても素敵だったので、あえて寄り添いすぎず、“想う気持ち”という軸で、もう一つのラブストーリーを自分なりに作ってみました。この作品に、1つの彩りを加えられることを願っています」と意気込みを語っている。

「大切な人を想う強さと儚さ」をテーマに書き下ろされた同曲が、感動の涙を添える『あの空をおぼえている』は、4月26日(土)より新宿バルト9ほかにて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top