優しい嘘? 心が冷える嘘? 嘘で固められた蒼井優「カムフラージュ」記者会見

最新ニュース

「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」記者会見。左から高崎卓馬、高須光聖、蒼井優、山下敦弘、タナダユキ
  • 「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」記者会見。左から高崎卓馬、高須光聖、蒼井優、山下敦弘、タナダユキ
  • 蒼井優がついたかわいい嘘とは?
  • 4人の個性派のクリエイターの下で、一体どんな“嘘”に彩られるのか?
いまや、若手女優を代表する存在として映画に、舞台に、CMに大活躍の蒼井優。彼女が、“嘘”をテーマに、4人の気鋭クリエイターたちと組んで作り上げた、4章12話の物語「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」がWOWOWにて1月30日(水)より放映される。1月25日(金)、本作の記者会見が行われ、蒼井さんに加え、各章の演出を担当したCMプランナーの高崎卓馬、放送作家の高須光聖、映画監督の山下敦弘とタナダユキが出席した。

開口一番「“俳優部”の蒼井優です」といたずらっぽい笑顔で挨拶した蒼井さん。初めて今回の企画について聞いたときの気持ちについて「主役か…と思いました。それからどんな人が演出してくれるのか? と思ったんですが、これまでご一緒したいと思っていた方ばかりで嬉しく、それから不思議な気分でした」と説明してくれた。そして“嘘”というテーマについては「“真実でないもの”を“嘘”と呼ぶのなら、お芝居も嘘ということですよね。とすると私の生活の中で、真実と嘘どちらが大きいのかな? と思いました」と語ってくれた。

第1章「人生って嘘みたい」(共演:西島秀俊、加瀬亮)を手掛けた高崎さんは「JRA」のCMなど、これまでも蒼井さんの出演するCMを製作してきたが「15秒のCMとドラマは全く違うので、初心者の気持ちでした。テーマを聞いたときは『嘘みたい』というセリフが浮かびました。ぼくは蒼井さんの声がすごく好きなのですが、セリフに血が通っていくのが見えて楽しいです」と満足そうに語った。

第2章「バライロノヒビ」(共演:新井浩文)の3つの物語を担当したのは、ダウンタウンの盟友として、彼らのほとんどの番組の構成を担当してきた高須さん。「これまでバラエティ畑で芸人さんとの仕事ばかりでしたので、何もかもが初めて。蒼井さんに傷をつけないようにと気をつけながらも、普通のことをしても面白くないと悩みながら作りました」と言うが、高須さんは蒼井さんから「これまででワースト5に入る現場」と直接言われたとか。蒼井さんによると「1週間の撮影の始めの3日は、マイク付けてるのにセリフ一言もなしでただただ走ってました。この作品のことはきっと忘れません…」と恨み節(?)も漏れた。

そして第3章「アカバネ三姉妹」を手掛けたのは、『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』の山下敦弘監督。本作では、初めてセットを組んでの撮影に挑戦している。蒼井さんは「私がこれまで観てきた山下監督の作品と違って、語弊を恐れずに言うならば、リアリティを追求していない感じです」と感想を述べた。現在撮影の真っ最中で、この日も会見後すぐに撮影とのことだが、監督は「徐々に、僕が見たい蒼井さんになってきているな、と感じてます。普段の自分が求めるのとは違った、大げさな芝居…言わば“嘘”の中に愛しさのようなものを感じています」と語った。

4人の中で紅一点…とは言え「自分が“おっさん化”してるのを最近とみに感じる」と言うタナダ監督が紡ぎ出すのは、第4章の「都民・鈴子 -百万円と苦虫女 序章-』。タイトルにあるように、タナダ監督が手掛け、今夏公開される蒼井さん主演劇場公開作『百万円と苦虫女』の1年前を描いたもの。タナダ監督は「嘘には、かわいい嘘や優しい嘘などもありますが、自分はそういうのを描くのは無理なので、心が冷えるようなものにしようと考えています」とピシャリ。さてさて蒼井さんは一体どんな嘘に彩られるのか——? 

最後に蒼井さんに、これまでについたかわいい嘘について聞いてみると「中学のときに、そうしても学校行くのが嫌で、母になりすまして『蒼井優の母ですが娘は体調悪いので休ませます』と電話したんです。うまくいったと思って次の日学校行ったら、あっさりバレてました(笑)」とのこと。蒼井さんが「胃もたれするくらい“蒼井優”な企画ですが、面白いものができると思います」と語る「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」。WOWOWにて1月30日(水)より放映開始。

「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」公式サイト
http://www.wowow.co.jp/extra/camouflage/

1月30日(水)よりWOWOWにて放映開始
毎週水曜日 深夜0:00〜(全12回)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top