「あのかみ方は僕の技です!」荒川良々、木村佳乃に思わず力説『全然大丈夫』

最新ニュース

『全然大丈夫』初日舞台挨拶にて、木村佳乃、荒川良々、藤田容介監督
  • 『全然大丈夫』初日舞台挨拶にて、木村佳乃、荒川良々、藤田容介監督
  • 『全然大丈夫』初日舞台挨拶にて、荒川良々
  • 『全然大丈夫』初日舞台挨拶にて、木村佳乃
ほんの少し社会の常識から外れた、愛おしいはみ出しものたちが集まり、ゆるーく、そして不器用に繰り広げられる恋の行方を描いた『全然大丈夫』。荒川良々、岡田義徳、木村佳乃主演で贈る本作が1月26日(土)に初日を迎え、荒川さん、木村さん、そして藤田容介監督が舞台挨拶を行った。

「舞台挨拶っていうのはあんまり…。まあがんばりました。今日はありがとうございます」と挨拶した荒川さん。劇中での姿と、少しうつむき加減で静かに話す姿のギャップがなんだか微笑ましい。撮影中、印象に残ったシーンや面白かったシーンなどのエピソードを聞いてみるも「うーん、どこでしょうね…。全編大変でしたし、どれが一番かって順位を付けるのも難しくて…。でもみなさん、料金を払って観てくださっているので、お客さまが決めていただければ」と、ある意味人任せ(笑)。

本日舞台挨拶を行った荒川さん、木村さんのほかにも、岡田さんを始め田中直樹(ココリコ)、蟹江敬三、きたろう、杉村蝉之介と豪華なキャスト陣で制作された本作。現場では、“監督はとにかくこだわる人”という話もあったそうだ。「常に100%こだわっているんですが、撮影中に時間を使ったということであれば、演技を作るのに時間は使いました。ただ、あまり楽なスケジュールでもなかったですし、こだわりすぎて、撮影し損ねたら成立しないので、そこはバランスを取りました。撮影が進んで、ゴールが見えてきたら、時間たっぷり使おうと思ったんです。奈良の家で、この(壇上の)2人と岡田くんと田中さんの4人が出ているところなんかは、撮影の最後の方だったので、時間を使いました」そうだ。

木村さんが演じた“あかり”はかなりインパクトのある女性。これまでの木村さんのイメージからもずいぶんかけ離れているが、監督はこのキャラクターに強い思い入れがあったそうだ。「このキャラクターのイメージが自分の頭の中にガチガチにありました。最初は木村さんをそこに押し込めようとしたんですが、実際に木村さんにお会いして、無理矢理自分のイメージに押し込めるよりは、木村さんの長所を生かした方がいいと思ったんです。それに気づいてからは順調に進みました。最初は少しもめましたけど…最初だけです」。

そんな監督のリクエストに応えた木村さん。いまでもティッシュの箱を明けるときには監督の顔が思い浮かぶと笑った。「最後は、あまりにも疲れちゃって、右手の人差し指が動かなくなったんですよ。(箱を)開けられない芝居って結構大変なんですね」。すると監督も、「木村さん、20箱くらい空けてるんですよ。映画に出てくるのは、その内の一つなんです」と、ちょっと裏話を披露してくれた。

木村さんにも荒川さん同様に、印象に残ったシーンや面白かったシーンを聞いてみると、こんな答えが返ってきた。「良々さん演じる照男がお汁粉を出すシーンで、『お待たせ島倉千代子』っておっしゃったんですよね。テストのときにいきなり。それに吹き出してしまって…。しかも良々さん、ちょっとかんだんですよ。それで笑いが止まらなくなってしまったのが面白くて、苦労しました(笑)」。これには会場も大爆笑。先ほどまで静かにしていた荒川さんも思わず「わざとです」と反撃。「うそー! 良々さん、たまに本気なのかどうなのか、分からないかみ方しますよね」と木村さんが切り返すと「技です、僕の!」とキッパリ返した荒川さん。…そういうことにしておきましょう(笑)。

最後に映画のコピーにちなんだ、3人それぞれの“勝たないでシアワセになる方法”を聞くと、「ちょっと野暮ですが、勝つとか負けるという発想や価値観を最初からなくすこと。じゃんけんだった勝ち続けたり負け続けたりしないし、最終的にはチャラになるから」(藤田監督)、「始めから『負けた!』っていう勢いで行く。負けたら負けたで違う道が広がってくるんじゃないかと。負けの道が」(荒川さん)、「母から、“負けるが勝ち”と、小さい頃から教わってきました!」(木村さん)と、3人のキャラクターが垣間見えるようなコメントだ。

“憩いまくりたい人々に贈る恋のユル騒ぎムービー”『全然大丈夫』は渋谷シネクイントほかにて公開中。映画を観てのんびり憩っちゃってください!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top